なぜ日本人の英語力は伸びないのか?

PROGRIT

概要

英語学習サービスや海外人材ニーズは年々上昇していますが、日本人の英語力は「伸びていない」というのが現状です。TOEICの受験者数は約20年で2倍になる一方、平均スコアは伸び悩んでいます。また、海外事業に必要な人材確保は約70%の企業が「不足している」と答えたことから、日本人の英語学習方法は間違えていることが分かります。

社員の英語力が伸びない場合、海外赴任対象者の現地業務に支障を来したり、英語力が高い幹部候補が確保できなかったりと、さまざまな弊害が起きます。先を見越して投資をしておかなければ、必要に迫られたときにすぐ結果が得られません。効率的に従業員の英語力を伸ばすにはどのような学習をすればよいでしょうか。

本資料では、日本人の英語力の現状をグラフでご紹介。確実に英語力を伸ばすためのヒントをご紹介しています。

すでに会員の方はこちらからログイン

  • メールアドレスでログイン
  • AppleIDでログイン
  • Facebookでログイン
  • Googleでログイン

資料を読むには次の項目をご入力ください

STEP

1

2

3

4

資料を読むには次の項目をご入力ください

STEP

1

2

3

4

  • {{company.company_name}} {{company.address}}

戻る

資料を読むには次の項目をご入力ください

STEP

1

2

3

4

ご入力内容に虚偽や不正がある場合、ご利用を停止させていただく場合がありますのでご注意ください。
戻る

受け取るニュースレターを選択してください

STEP

1

2

3

4

以下のニュースレター(広告を含む)は自動で配信させていただいております。これはBizHintが主に広告収入で運営されているためです。登録後の解除は可能ですのでご安心ください。

株式会社プログリットに情報が提供されること、

概要

英語学習サービスや海外人材ニーズは年々上昇していますが、日本人の英語力は「伸びていない」というのが現状です。TOEICの受験者数は約20年で2倍になる一方、平均スコアは伸び悩んでいます。また、海外事業に必要な人材確保は約70%の企業が「不足している」と答えたことから、日本人の英語学習方法は間違えていることが分かります。

社員の英語力が伸びない場合、海外赴任対象者の現地業務に支障を来したり、英語力が高い幹部候補が確保できなかったりと、さまざまな弊害が起きます。先を見越して投資をしておかなければ、必要に迫られたときにすぐ結果が得られません。効率的に従業員の英語力を伸ばすにはどのような学習をすればよいでしょうか。

本資料では、日本人の英語力の現状をグラフでご紹介。確実に英語力を伸ばすためのヒントをご紹介しています。

ブックマークしました