第2回 緊急事態宣言発令下の法務における働き方の変化に関する調査報告書

LegalForce

概要

首都圏4都県に発令中の新型コロナウイルス緊急事態宣言は2週間程度再延長される見込みとなり、解除後も企業におけるテレワーク体制は浸透していくものと思われます。

法務担当者に向けたアンケート調査によると95%がコロナ収束後のテレワーク継続を希望しています。一方で、「テレワークでは生産性が下がる」という傾向が見られ、ツール導入などDXに取り組んでいるかどうかが生産性向上の大きなカギとなることが明らかになりました。

本資料では、第二回緊急事態宣言発令下の法務における働き方の変化に関する調査報告を掲載。宣言解除後に向け「法務の働き方」を考える一助となれば幸いです。

すでに会員の方はこちらからログイン

  • メールアドレスでログイン
  • AppleIDでログイン
  • Facebookでログイン
  • Googleでログイン

資料を読むには次の項目をご入力ください

STEP

1

2

3

4

資料を読むには次の項目をご入力ください

STEP

1

2

3

4

  • {{company.company_name}} {{company.address}}

戻る

資料を読むには次の項目をご入力ください

STEP

1

2

3

4

ご入力内容に虚偽や不正がある場合、ご利用を停止させていただく場合がありますのでご注意ください。
戻る

受け取るニュースレターを選択してください

STEP

1

2

3

4

以下のニュースレター(広告を含む)は自動で配信させていただいております。これはBizHintが主に広告収入で運営されているためです。登録後の解除は可能ですのでご安心ください。

株式会社LegalOn Technologiesに情報が提供されること、

概要

首都圏4都県に発令中の新型コロナウイルス緊急事態宣言は2週間程度再延長される見込みとなり、解除後も企業におけるテレワーク体制は浸透していくものと思われます。

法務担当者に向けたアンケート調査によると95%がコロナ収束後のテレワーク継続を希望しています。一方で、「テレワークでは生産性が下がる」という傾向が見られ、ツール導入などDXに取り組んでいるかどうかが生産性向上の大きなカギとなることが明らかになりました。

本資料では、第二回緊急事態宣言発令下の法務における働き方の変化に関する調査報告を掲載。宣言解除後に向け「法務の働き方」を考える一助となれば幸いです。

ブックマークしました