eラーニングを活用した新しいOJTのニューノーマルとは?

AirCourse

概要

実際の職務現場で新人の指導を行うOJT。先輩社員がトレーナーとなり、実務を通じて業務を教えるため、業務の習得が早いというメリットがあります。しかし、現場担当者は忙しく、新人を放置してしまう企業も散見します。

そのため、研修担当者には「OJTをトレーナー任せにしない」ことが求められます。しかし、テレワークが急速に進む中、「トレーナーを教育できない」「OJTの内容が把握できない」といった問題が起こっています。

本資料では、その解決策として「OJTをオンライン化する方法」についてご紹介します。eラーニングを活用すれば、新人の即戦力化だけでなくトレーナーの指導の質向上にもつながります。

資料を読むには以下項目をご入力ください

STEP

1

2

3

資料を読むには以下項目をご入力ください

STEP

1

2

3

  • {{company.company_name}} {{company.address}}

戻る

資料を読むには以下項目をご入力ください

STEP

1

2

3

同時に会員登録いただくと、クラウド活用と生産性向上の専門サイト「BizHint」編集部が厳選した経営や組織に関する最新ニュース、会員限定の記事やイベントのご案内が受け取れます。
KIYOラーニング株式会社に情報が提供されることに同意して

概要

実際の職務現場で新人の指導を行うOJT。先輩社員がトレーナーとなり、実務を通じて業務を教えるため、業務の習得が早いというメリットがあります。しかし、現場担当者は忙しく、新人を放置してしまう企業も散見します。

そのため、研修担当者には「OJTをトレーナー任せにしない」ことが求められます。しかし、テレワークが急速に進む中、「トレーナーを教育できない」「OJTの内容が把握できない」といった問題が起こっています。

本資料では、その解決策として「OJTをオンライン化する方法」についてご紹介します。eラーニングを活用すれば、新人の即戦力化だけでなくトレーナーの指導の質向上にもつながります。

ブックマークしました