社員を正しく理解する人材管理とは

Sansan

概要

昨今、システム化が難しいとされてきた人事業務へテクノロジーを導入する動きが加速しており、「HRテック」を取り入れる企業が急増しています。その一方で、最大限に活用できていないという現状もあります。

HRテックには社員の基本情報を管理できる強みがありますが、逆に流動的、継続的なデータは見えにくいという弱点があります。定点データのみだけでなく、社員の日々の業務を見える化し、成長を捉えたデータも同時に活用することで、多面的な人材管理を実現することが可能になります。

そこで本資料では、働く社員の“今”の情報を組み合わせ、HRテックを最大限に活用する方法について解説します。

すでに会員の方はこちらからログイン

  • メールアドレスでログイン
  • AppleIDでログイン
  • Facebookでログイン
  • Googleでログイン

資料を読むには次の項目をご入力ください

STEP

1

2

3

4

資料を読むには次の項目をご入力ください

STEP

1

2

3

4

  • {{company.company_name}} {{company.address}}

戻る

資料を読むには次の項目をご入力ください

STEP

1

2

3

4

ご入力内容に虚偽や不正がある場合、ご利用を停止させていただく場合がありますのでご注意ください。
戻る

受け取るニュースレターを選択してください

STEP

1

2

3

4

以下のニュースレター(広告を含む)は自動で配信させていただいております。これはBizHintが主に広告収入で運営されているためです。登録後の解除は可能ですのでご安心ください。

Sansan株式会社に情報が提供されること、

概要

昨今、システム化が難しいとされてきた人事業務へテクノロジーを導入する動きが加速しており、「HRテック」を取り入れる企業が急増しています。その一方で、最大限に活用できていないという現状もあります。

HRテックには社員の基本情報を管理できる強みがありますが、逆に流動的、継続的なデータは見えにくいという弱点があります。定点データのみだけでなく、社員の日々の業務を見える化し、成長を捉えたデータも同時に活用することで、多面的な人材管理を実現することが可能になります。

そこで本資料では、働く社員の“今”の情報を組み合わせ、HRテックを最大限に活用する方法について解説します。

ブックマークしました