2つの事例から考える同一労働・同一賃金。実務対応の留意点

SmartHR

概要

2021年4月から、中小企業にも同一労働・同一賃金対応が求められるようになりました。人事労務担当者や経営者の皆様は、この法律について熟知していなくてはなりません。

2020年10月にメトロコマース事件、大阪医大事件、日本郵便事件と、同一労働・同一賃金に関する最高裁判決が相次いで言い渡され、話題となりました。同一労働・同一賃金を守らなくても罰則はありませんが、違反すると損害賠償請求を受ける可能性があったり、企業イメージが悪くなることがありますので注意が必要です。

本資料では、メトロコマース事件と日本郵便事件を詳細に解説、同一労働・同一賃金について対応する上での留意点をお伝えします。

資料を読むには以下項目をご入力ください

STEP

1

2

3

資料を読むには以下項目をご入力ください

STEP

1

2

3

  • {{company.company_name}} {{company.address}}

戻る

資料を読むには以下項目をご入力ください

STEP

1

2

3

同時に会員登録いただくと、クラウド活用と生産性向上の専門サイト「BizHint」編集部が厳選した経営や組織に関する最新ニュース、会員限定の記事やイベントのご案内が受け取れます。
株式会社SmartHRに情報が提供されることに同意して

概要

2021年4月から、中小企業にも同一労働・同一賃金対応が求められるようになりました。人事労務担当者や経営者の皆様は、この法律について熟知していなくてはなりません。

2020年10月にメトロコマース事件、大阪医大事件、日本郵便事件と、同一労働・同一賃金に関する最高裁判決が相次いで言い渡され、話題となりました。同一労働・同一賃金を守らなくても罰則はありませんが、違反すると損害賠償請求を受ける可能性があったり、企業イメージが悪くなることがありますので注意が必要です。

本資料では、メトロコマース事件と日本郵便事件を詳細に解説、同一労働・同一賃金について対応する上での留意点をお伝えします。

ブックマークしました