【社労士が語る】2021年春の主要法改正をまとめて解説

SmartHR

概要

毎年4月1日は法改正が施行されることの多いタイミングです。とくに今年は中小企業における「同一労働・同一賃金」の適用スタートや、すでに3月から施行されている障害者法定雇用率の引き下げなど、人事・労務担当者が直接対応すべきものが多く改正されています。

特に中小企業にとっては「同一労働・同一賃金」での就業規則の見直し、大企業にとっては「中途採用比率の公表義務化」への公表の方法などの対応が課題になると思われます。

本資料では、社労士監修のもと、2021年春の主要法改正を解説しています。各法改正への対応準備にぜひお役立て下さい。

資料を読むには以下項目をご入力ください

STEP

1

2

3

資料を読むには以下項目をご入力ください

STEP

1

2

3

  • {{company.company_name}} {{company.address}}

戻る

資料を読むには以下項目をご入力ください

STEP

1

2

3

同時に会員登録いただくと、クラウド活用と生産性向上の専門サイト「BizHint」編集部が厳選した経営や組織に関する最新ニュース、会員限定の記事やイベントのご案内が受け取れます。
株式会社SmartHRに情報が提供されることに同意して

概要

毎年4月1日は法改正が施行されることの多いタイミングです。とくに今年は中小企業における「同一労働・同一賃金」の適用スタートや、すでに3月から施行されている障害者法定雇用率の引き下げなど、人事・労務担当者が直接対応すべきものが多く改正されています。

特に中小企業にとっては「同一労働・同一賃金」での就業規則の見直し、大企業にとっては「中途採用比率の公表義務化」への公表の方法などの対応が課題になると思われます。

本資料では、社労士監修のもと、2021年春の主要法改正を解説しています。各法改正への対応準備にぜひお役立て下さい。

ブックマークしました