優秀な派遣社員に3年の期間制限を超えて続けてもらうには

ハケン2.5

概要

長年勤務してくれている派遣社員は、業務の生産性や質を支える重要な戦力です。しかし、労働者派遣法の改正によって、同じ課やグループなどで3年を超える更新は原則不可に。3年を超えて同じ業務を継続してもらう場合、「派遣先での直接雇用」もしくは「派遣会社での無期雇用」が必要となります。

優秀な派遣社員が3年で辞めてしまったり、別の部署に移動せざるを得なくなったりすることは、企業にとっても大きな痛手となります。そこで本資料では派遣法の3年を超えても同じ人材の継続活用を可能にする「ハケン2.5」について解説します。

すでに会員の方はこちらからログイン

  • メールアドレスでログイン
  • AppleIDでログイン
  • Facebookでログイン
  • Googleでログイン

資料を読むには以下項目をご入力ください

STEP

1

2

3

資料を読むには以下項目をご入力ください

STEP

1

2

3

  • {{company.company_name}} {{company.address}}

戻る

資料を読むには以下項目をご入力ください

STEP

1

2

3

同時に会員登録いただくと、クラウド活用と生産性向上の専門サイト「BizHint」編集部が厳選した経営や組織に関する最新ニュース、会員限定の記事やイベントのご案内が受け取れます。
アデコ株式会社に情報が提供されることに同意して

概要

長年勤務してくれている派遣社員は、業務の生産性や質を支える重要な戦力です。しかし、労働者派遣法の改正によって、同じ課やグループなどで3年を超える更新は原則不可に。3年を超えて同じ業務を継続してもらう場合、「派遣先での直接雇用」もしくは「派遣会社での無期雇用」が必要となります。

優秀な派遣社員が3年で辞めてしまったり、別の部署に移動せざるを得なくなったりすることは、企業にとっても大きな痛手となります。そこで本資料では派遣法の3年を超えても同じ人材の継続活用を可能にする「ハケン2.5」について解説します。

ブックマークしました