競争力のある組織となるために外部資源の活用が未来へのカギとなる

Sansan

概要

時代の変遷により 、企業の経営や組織運営において求められることは市場環境とともに変わり続けています。

これまで多くの企業は、事業を成長させ、売り上げを大きく伸ばし、従業員を増やして会社自体を成長させていくことを追い求めてきました。その過程において、他社との差別化を目指して事業拡大に必要な経営資源を内部に取り込むことで競争力をつけ てきました。しかし、時代の変遷により市場環境は変化し、理想とされる競争力のある組織像がいま変わりつつあります。

「これからは外部資源をより積極的に活用することが 、企業の事業成長を加速させる」と話すのは、経営学者の琴坂将広さん。競争力のある未来の企業となるためにいま何が必要なのか、そのポイントを語ってもらいました。


資料を読むには以下項目をご入力ください

STEP

1

2

3

資料を読むには以下項目をご入力ください

STEP

1

2

3

  • {{company.company_name}} {{company.address}}

戻る

資料を読むには以下項目をご入力ください

STEP

1

2

3

同時に会員登録いただくと、クラウド活用と生産性向上の専門サイト「BizHint」編集部が厳選した経営や組織に関する最新ニュース、会員限定の記事やイベントのご案内が受け取れます。
Sansan株式会社に情報が提供されることに同意して

概要

時代の変遷により 、企業の経営や組織運営において求められることは市場環境とともに変わり続けています。

これまで多くの企業は、事業を成長させ、売り上げを大きく伸ばし、従業員を増やして会社自体を成長させていくことを追い求めてきました。その過程において、他社との差別化を目指して事業拡大に必要な経営資源を内部に取り込むことで競争力をつけ てきました。しかし、時代の変遷により市場環境は変化し、理想とされる競争力のある組織像がいま変わりつつあります。

「これからは外部資源をより積極的に活用することが 、企業の事業成長を加速させる」と話すのは、経営学者の琴坂将広さん。競争力のある未来の企業となるためにいま何が必要なのか、そのポイントを語ってもらいました。


ブックマークしました