【社労士が語る】人事・労務担当者は絶対見逃せない2021年3月のHRニュース9選

SmartHR

概要

4月の法改正により「中小企業の『同一労働・同一賃金』の適用開始」「中途採用比率の公表」「70歳までの就労機会の確保」が定められました。これにより人事労務担当者は、通勤手当の水準を正社員とパートで合わせたり、中途採用比率の算出ができるように準備をしたりと、表面的な対応が必要になってきます。

正社員もパート社員も納得して気持ちよく働ける賃金制度は、自社の場合どのような形が理想なのかを深掘りしたりと、戦略的な視点を持って法改正対応に取り組むと、より大きなやりがいを感じられるのではないでしょうか。

本資料では、新年度の人事労務担当者向けのニュースを9つご紹介しています。忙しい新年度に見逃せない話題を掲載しております。ぜひご一読ください。

資料を読むには以下項目をご入力ください

STEP

1

2

3

資料を読むには以下項目をご入力ください

STEP

1

2

3

  • {{company.company_name}} {{company.address}}

戻る

資料を読むには以下項目をご入力ください

STEP

1

2

3

同時に会員登録いただくと、クラウド活用と生産性向上の専門サイト「BizHint」編集部が厳選した経営や組織に関する最新ニュース、会員限定の記事やイベントのご案内が受け取れます。
株式会社SmartHRに情報が提供されることに同意して

概要

4月の法改正により「中小企業の『同一労働・同一賃金』の適用開始」「中途採用比率の公表」「70歳までの就労機会の確保」が定められました。これにより人事労務担当者は、通勤手当の水準を正社員とパートで合わせたり、中途採用比率の算出ができるように準備をしたりと、表面的な対応が必要になってきます。

正社員もパート社員も納得して気持ちよく働ける賃金制度は、自社の場合どのような形が理想なのかを深掘りしたりと、戦略的な視点を持って法改正対応に取り組むと、より大きなやりがいを感じられるのではないでしょうか。

本資料では、新年度の人事労務担当者向けのニュースを9つご紹介しています。忙しい新年度に見逃せない話題を掲載しております。ぜひご一読ください。

ブックマークしました