契約書管理の手引き

LegalForceキャビネ

概要

企業活動のあらゆる取引において「契約」が取り交わされ、その内容を証明するために締結される「契約書」。契約書というと、「締結」や「レビュー」がイメージされ、皆さまの意識の中でもそれらが重要という認識 があるかと思いますが、実は締結後の「管理」もそれと同じくらい重要です。

しかし、なぜ締結した契約書を管理しなければいけないのかや、その重要性について十分に理解し、 「契約書管理」に積極的に取り組んでいる企業は、そう多くないというのも現状です。

本資料では、「契約書管理」がなぜ必要で、かつ重要なのか、リスクマネジメントや業務効率化の観点からご説明し、また、企業としての契約書管理体制のつくり方について、その一例を解説・ご紹介していきます。

すでに会員の方はこちらからログイン

  • メールアドレスでログイン
  • AppleIDでログイン
  • Facebookでログイン
  • Googleでログイン

資料を読むには次の項目をご入力ください

STEP

1

2

3

4

資料を読むには次の項目をご入力ください

STEP

1

2

3

4

  • {{company.company_name}} {{company.address}}

戻る

資料を読むには次の項目をご入力ください

STEP

1

2

3

4

ご入力内容に虚偽や不正がある場合、ご利用を停止させていただく場合がありますのでご注意ください。
戻る

受け取るニュースレターを選択してください

STEP

1

2

3

4

以下のニュースレター(広告を含む)は自動で配信させていただいております。これはBizHintが主に広告収入で運営されているためです。登録後の解除は可能ですのでご安心ください。

株式会社LegalOn Technologiesに情報が提供されること、

概要

企業活動のあらゆる取引において「契約」が取り交わされ、その内容を証明するために締結される「契約書」。契約書というと、「締結」や「レビュー」がイメージされ、皆さまの意識の中でもそれらが重要という認識 があるかと思いますが、実は締結後の「管理」もそれと同じくらい重要です。

しかし、なぜ締結した契約書を管理しなければいけないのかや、その重要性について十分に理解し、 「契約書管理」に積極的に取り組んでいる企業は、そう多くないというのも現状です。

本資料では、「契約書管理」がなぜ必要で、かつ重要なのか、リスクマネジメントや業務効率化の観点からご説明し、また、企業としての契約書管理体制のつくり方について、その一例を解説・ご紹介していきます。

ブックマークしました