これからの動画活用に必要な動画制作のインハウス化

RICHIKA CLOUD STUDIO

概要

まさに今、働き方改革や新型コロナウイルスの影響で、動画がコミュニケ―ションの主体となり、企業の動画活用が大きく変化しています。画像やテキストだけでは難しい表現が可能な動画活用は増加傾向にあり、さらにニーズは高まっていくでしょう。 

しかし動画制作を外注するとなると、高額なコスト、専門知識の必要性、定期的に作り続けることができるリソースの確保など様々な課題があります。しかし、実はポイントを押さえておけば自社内で簡単に動画制作が可能です。

今回は、これまで400社以上が利用している『リチカ クラウドスタジオ』を使い、動画制作のインハウス化だけでなくマーケティングの成果向上をもたらす仕組みについて解説します。

資料を読むには以下項目をご入力ください

STEP

1

2

3

資料を読むには以下項目をご入力ください

STEP

1

2

3

  • {{company.company_name}} {{company.address}}

戻る

資料を読むには以下項目をご入力ください

STEP

1

2

3

同時に会員登録いただくと、クラウド活用と生産性向上の専門サイト「BizHint」編集部が厳選した経営や組織に関する最新ニュース、会員限定の記事やイベントのご案内が受け取れます。
株式会社リチカに情報が提供されることに同意して

概要

まさに今、働き方改革や新型コロナウイルスの影響で、動画がコミュニケ―ションの主体となり、企業の動画活用が大きく変化しています。画像やテキストだけでは難しい表現が可能な動画活用は増加傾向にあり、さらにニーズは高まっていくでしょう。 

しかし動画制作を外注するとなると、高額なコスト、専門知識の必要性、定期的に作り続けることができるリソースの確保など様々な課題があります。しかし、実はポイントを押さえておけば自社内で簡単に動画制作が可能です。

今回は、これまで400社以上が利用している『リチカ クラウドスタジオ』を使い、動画制作のインハウス化だけでなくマーケティングの成果向上をもたらす仕組みについて解説します。

ブックマークしました