進まない人事のテレワーク…まずは紙からの脱却をしませんか?

オンライン産業医/first call

概要

昨年からつづく新型コロナウイルス感染拡大により、急速にテレワークが浸透しました。その反面、人事のテレワーク実施率はわずか31%という調査結果が明らかになりました。その理由のひとつに業務の電子化ができていないことがあげられます。

中でも従業員の健康診断結果は紙管理が主流です。感染症対策やメンタルケアといった産業医への要求が多様する中、今以上に従業員への対応に時間を割いてほしい一方で、事務的な作業に時間を取られているのが現状です。

本資料では、紙からの脱却への第一歩として、クラウド型ソフトウェア「first call 健診管理サービス」をご紹介しています。

資料を読むには以下項目をご入力ください

STEP

1

2

3

資料を読むには以下項目をご入力ください

STEP

1

2

3

  • {{company.company_name}} {{company.address}}

戻る

資料を読むには以下項目をご入力ください

STEP

1

2

3

同時に会員登録いただくと、クラウド活用と生産性向上の専門サイト「BizHint」編集部が厳選した経営や組織に関する最新ニュース、会員限定の記事やイベントのご案内が受け取れます。
株式会社Mediplat/メドピアグループに情報が提供されることに同意して

概要

昨年からつづく新型コロナウイルス感染拡大により、急速にテレワークが浸透しました。その反面、人事のテレワーク実施率はわずか31%という調査結果が明らかになりました。その理由のひとつに業務の電子化ができていないことがあげられます。

中でも従業員の健康診断結果は紙管理が主流です。感染症対策やメンタルケアといった産業医への要求が多様する中、今以上に従業員への対応に時間を割いてほしい一方で、事務的な作業に時間を取られているのが現状です。

本資料では、紙からの脱却への第一歩として、クラウド型ソフトウェア「first call 健診管理サービス」をご紹介しています。

ブックマークしました