DX推進に不可欠な人材戦略「リスキリング」とは

Schoo

概要

データやデジタル技術を駆使して変革を行うDX(デジタルトランスフォーメーション)。他社より早く競争優位性を確立できるため、昨今注目されていますが、何より重要なのはDXを推進する「DX人材」の確保です。

DX人材は、ITリテラシーの高さにより「ハイクラス」「ミドルクラス」「ロークラス」に分類できます。一見、エンジニアのようなハイクラスのみを採用すれば良いと思いがちですが、DX戦略を支えたり、その実行を担う人員も必要なため、ミドルクラスを増やしていく必要があります。

つまり、確保すべきDX人材は膨大です。そのため、採用という手段を取るよりも、社内の人材をミドルクラスやハイクラスのDX人材へと育成する方法が現実的です。そこで本資料では、DX人材育成に最適な「リスキリング」の解説とその進め方をご紹介します。

資料を読むには以下項目をご入力ください

STEP

1

2

3

資料を読むには以下項目をご入力ください

STEP

1

2

3

  • {{company.company_name}} {{company.address}}

戻る

資料を読むには以下項目をご入力ください

STEP

1

2

3

同時に会員登録いただくと、クラウド活用と生産性向上の専門サイト「BizHint」編集部が厳選した経営や組織に関する最新ニュース、会員限定の記事やイベントのご案内が受け取れます。
株式会社Schooに情報が提供されることに同意して

概要

データやデジタル技術を駆使して変革を行うDX(デジタルトランスフォーメーション)。他社より早く競争優位性を確立できるため、昨今注目されていますが、何より重要なのはDXを推進する「DX人材」の確保です。

DX人材は、ITリテラシーの高さにより「ハイクラス」「ミドルクラス」「ロークラス」に分類できます。一見、エンジニアのようなハイクラスのみを採用すれば良いと思いがちですが、DX戦略を支えたり、その実行を担う人員も必要なため、ミドルクラスを増やしていく必要があります。

つまり、確保すべきDX人材は膨大です。そのため、採用という手段を取るよりも、社内の人材をミドルクラスやハイクラスのDX人材へと育成する方法が現実的です。そこで本資料では、DX人材育成に最適な「リスキリング」の解説とその進め方をご紹介します。

ブックマークしました