人材育成のカギとなる「キャリアアップ計画」の立て方

ビズリーチ

概要

厚生労働省の助成金制度「キャリアアップ助成金」をご存知ですか?この制度は、非正規雇用労働者のいる企業において、正社員登用や福利厚生の改善をサポートすることにより優秀な人材を確保することを目的としています。

具体的な金額として、例えば、有期雇用労働者などを正規雇用に転換または直接雇用する「正社員コース」では、1人あたり57万円が支給される場合があります。しかし、助成金を申請するためには、労働局へ「キャリアアップ計画書」の提出と、「キャリアアップ管理者」の選出が必須となります。

そこで本資料では、「キャリアアップ計画書」の立て方と、「キャリアアップ管理者」選出のためのアドバイスを中心に解説。キャリアアップ制度を整えることで、若手の離職率を改善できる他、組織の管理職、リーダー候補の育成にも寄与します。詳しくは資料をご覧ください。

資料を読むには以下項目をご入力ください

STEP

1

2

3

資料を読むには以下項目をご入力ください

STEP

1

2

3

  • {{company.company_name}} {{company.address}}

戻る

資料を読むには以下項目をご入力ください

STEP

1

2

3

同時に会員登録いただくと、クラウド活用と生産性向上の専門サイト「BizHint」編集部が厳選した経営や組織に関する最新ニュース、会員限定の記事やイベントのご案内が受け取れます。
株式会社ビズリーチに情報が提供されることに同意して

概要

厚生労働省の助成金制度「キャリアアップ助成金」をご存知ですか?この制度は、非正規雇用労働者のいる企業において、正社員登用や福利厚生の改善をサポートすることにより優秀な人材を確保することを目的としています。

具体的な金額として、例えば、有期雇用労働者などを正規雇用に転換または直接雇用する「正社員コース」では、1人あたり57万円が支給される場合があります。しかし、助成金を申請するためには、労働局へ「キャリアアップ計画書」の提出と、「キャリアアップ管理者」の選出が必須となります。

そこで本資料では、「キャリアアップ計画書」の立て方と、「キャリアアップ管理者」選出のためのアドバイスを中心に解説。キャリアアップ制度を整えることで、若手の離職率を改善できる他、組織の管理職、リーダー候補の育成にも寄与します。詳しくは資料をご覧ください。

ブックマークしました