「知らなかった」ではすまされない!中途採用のトラブル&マナー

ビズリーチ

概要

臨機応変な対応が求められることも多い中途採用。体系立った採用マニュアルやガイドラインがない企業も少なくありません。そのため、採用プロセスで思わぬトラブルが起きたり、面接官が悪気なくマナー違反を犯したりしてしまうこともあります。

面接で聞いてはいけないことは職業安定法で定められています。また、競業避止義務や営業秘密について再確認し、前職との関係から生じるトラブルにも注意しましょう。やりがちな”うっかりNG”は採用後にもあります。それらの対策はお済みでしょうか?

本資料では、そうした「知らなかった」ではすまされない事態を未然に防ぐポイントを、採用プロセスに沿って解説していきます。ぜひご覧ください。

すでに会員の方はこちらからログイン

  • メールアドレスでログイン
  • AppleIDでログイン
  • Facebookでログイン
  • Googleでログイン

資料を読むには以下項目をご入力ください

STEP

1

2

3

資料を読むには以下項目をご入力ください

STEP

1

2

3

  • {{company.company_name}} {{company.address}}

戻る

資料を読むには以下項目をご入力ください

STEP

1

2

3

同時に会員登録いただくと、クラウド活用と生産性向上の専門サイト「BizHint」編集部が厳選した経営や組織に関する最新ニュース、会員限定の記事やイベントのご案内が受け取れます。
株式会社ビズリーチに情報が提供されることに同意して

概要

臨機応変な対応が求められることも多い中途採用。体系立った採用マニュアルやガイドラインがない企業も少なくありません。そのため、採用プロセスで思わぬトラブルが起きたり、面接官が悪気なくマナー違反を犯したりしてしまうこともあります。

面接で聞いてはいけないことは職業安定法で定められています。また、競業避止義務や営業秘密について再確認し、前職との関係から生じるトラブルにも注意しましょう。やりがちな”うっかりNG”は採用後にもあります。それらの対策はお済みでしょうか?

本資料では、そうした「知らなかった」ではすまされない事態を未然に防ぐポイントを、採用プロセスに沿って解説していきます。ぜひご覧ください。

ブックマークしました