営業のパフォーマンスを最大化するSansan×Salesforce連携

Sansan

概要

企業の要となる名刺管理ですが、その精度を高めるためにはどのような管理を行えば良いでしょうか。たとえば顧客の一人が展示会にはプライベートのメールアドレスで申し込み、セミナーには会社のアドレスで申し込んだ場合など、接点が違えば同一人物と判別することが難しくなります。

Sansanに登録した名刺情報をSalesforceと連動すれば、すべての顧客接点の情報を収集し、顧客の情報を集約。乱雑な名刺管理を一貫化し、営業パフォーマンスを最大化することが可能です。

法人向けクラウド名刺管理サービス「Sansan」は、CRM「Salesforce」と連携することで、名刺情報を最大限活用できます。本資料では、詳細な情報と具体的な業務イメージを合わせてご紹介します。

すでに会員の方はこちらからログイン

  • メールアドレスでログイン
  • AppleIDでログイン
  • Facebookでログイン
  • Googleでログイン

資料を読むには以下項目をご入力ください

STEP

1

2

3

資料を読むには以下項目をご入力ください

STEP

1

2

3

  • {{company.company_name}} {{company.address}}

戻る

資料を読むには以下項目をご入力ください

STEP

1

2

3

同時に会員登録いただくと、クラウド活用と生産性向上の専門サイト「BizHint」編集部が厳選した経営や組織に関する最新ニュース、会員限定の記事やイベントのご案内が受け取れます。
Sansan株式会社に情報が提供されることに同意して

概要

企業の要となる名刺管理ですが、その精度を高めるためにはどのような管理を行えば良いでしょうか。たとえば顧客の一人が展示会にはプライベートのメールアドレスで申し込み、セミナーには会社のアドレスで申し込んだ場合など、接点が違えば同一人物と判別することが難しくなります。

Sansanに登録した名刺情報をSalesforceと連動すれば、すべての顧客接点の情報を収集し、顧客の情報を集約。乱雑な名刺管理を一貫化し、営業パフォーマンスを最大化することが可能です。

法人向けクラウド名刺管理サービス「Sansan」は、CRM「Salesforce」と連携することで、名刺情報を最大限活用できます。本資料では、詳細な情報と具体的な業務イメージを合わせてご紹介します。

ブックマークしました