契約管理はリスクマネジメントの時代へ。これからのあるべき契約リスク管理体制

LegalForceキャビネ

概要

契約書は、法令上契約締結後の保管の義務があるため、企業では当たり前のように毎年、大量の契約書が保管されています。そして、そのような契約書の多くが、締結後、顧みられることもなく、「保管するだけ」になっているのが実状です。

しかし、「契約管理」とは、本来「保管」するだけのものではなく、「リスクマネジメント」を伴って初めて機能するものです。

締結後、「保管だけ」されて、忘れ去られる契約書には、「不利な条項の放置」「契約上の義務違反」「更新タイミングの見落とし」という大きな 3 点のリスクの他、思いもよらない多くのリスクが潜んでいます。締結後にそのまま「保管」し、定期的に見直す体制がないと、企業として適正にリスクを回避することが出来なくなってしまいます。

本資料では、「契約リスク管理」の重要性と、その構築方法をご紹介します。

すでに会員の方はこちらからログイン

  • メールアドレスでログイン
  • AppleIDでログイン
  • Facebookでログイン
  • Googleでログイン

資料を読むには以下項目をご入力ください

STEP

1

2

3

資料を読むには以下項目をご入力ください

STEP

1

2

3

  • {{company.company_name}} {{company.address}}

戻る

資料を読むには以下項目をご入力ください

STEP

1

2

3

同時に会員登録いただくと、クラウド活用と生産性向上の専門サイト「BizHint」編集部が厳選した経営や組織に関する最新ニュース、会員限定の記事やイベントのご案内が受け取れます。
株式会社LegalForceに情報が提供されることに同意して

概要

契約書は、法令上契約締結後の保管の義務があるため、企業では当たり前のように毎年、大量の契約書が保管されています。そして、そのような契約書の多くが、締結後、顧みられることもなく、「保管するだけ」になっているのが実状です。

しかし、「契約管理」とは、本来「保管」するだけのものではなく、「リスクマネジメント」を伴って初めて機能するものです。

締結後、「保管だけ」されて、忘れ去られる契約書には、「不利な条項の放置」「契約上の義務違反」「更新タイミングの見落とし」という大きな 3 点のリスクの他、思いもよらない多くのリスクが潜んでいます。締結後にそのまま「保管」し、定期的に見直す体制がないと、企業として適正にリスクを回避することが出来なくなってしまいます。

本資料では、「契約リスク管理」の重要性と、その構築方法をご紹介します。

ブックマークしました