いま企業に求められる「持続可能な働き方」とは? “人的資本の開示”を解説

SmartHR

概要

従業員一人ひとりの働きがいやパフォーマンスを向上させ、企業が中長期的に成長し続けるために、「持続可能な働き方」が近年重要視されています。2018年12月には「人的資本の開示」に対する国際標準ガイドライン「ISO 30414」がリリースされたことも話題となりました。

これを実践する上で、HRテクノロジーは切り離すことができません。しかし、人財データを可視化する方法や具体的にどのように進めていくべきかについては多くの企業が模索中なのではないでしょうか。

そこで今回はHRテクノロジーコンソーシアムの理事を務め、「人的資本の開示」に関する数々のプロジェクトを推進する民岡良氏にHRテクノロジーを正しく活用して持続可能な働き方を実現するための考え方と、その方策について語っていただきました。本資料が従業員が成果を上げながら、持続的に働ける会社づくりを実現する一助となれば幸いです。


すでに会員の方はこちらからログイン

  • メールアドレスでログイン
  • AppleIDでログイン
  • Facebookでログイン
  • Googleでログイン

資料を読むには以下項目をご入力ください

STEP

1

2

3

資料を読むには以下項目をご入力ください

STEP

1

2

3

  • {{company.company_name}} {{company.address}}

戻る

資料を読むには以下項目をご入力ください

STEP

1

2

3

同時に会員登録いただくと、クラウド活用と生産性向上の専門サイト「BizHint」編集部が厳選した経営や組織に関する最新ニュース、会員限定の記事やイベントのご案内が受け取れます。
株式会社SmartHRに情報が提供されることに同意して

概要

従業員一人ひとりの働きがいやパフォーマンスを向上させ、企業が中長期的に成長し続けるために、「持続可能な働き方」が近年重要視されています。2018年12月には「人的資本の開示」に対する国際標準ガイドライン「ISO 30414」がリリースされたことも話題となりました。

これを実践する上で、HRテクノロジーは切り離すことができません。しかし、人財データを可視化する方法や具体的にどのように進めていくべきかについては多くの企業が模索中なのではないでしょうか。

そこで今回はHRテクノロジーコンソーシアムの理事を務め、「人的資本の開示」に関する数々のプロジェクトを推進する民岡良氏にHRテクノロジーを正しく活用して持続可能な働き方を実現するための考え方と、その方策について語っていただきました。本資料が従業員が成果を上げながら、持続的に働ける会社づくりを実現する一助となれば幸いです。


ブックマークしました