労務の課題を一挙解決!電子化が激変させる労務の世界

SmartHR

概要

電子政府e-Gov(イーガブ)を始めとする “労務”の電子化の流れ

電子政府e-Gov(イーガブ)を始めとする “労務”の電子化の流れ

労務関係の申請には多くの手間や時間がかかっています。政府としては、行政手続に要する事業者の作業時間を削減するため、2020年4月より、⼀部企業に対して、一部手続きの電子化を義務付け、行政手続コストの削減を図っています。今後、対象企業や手続きの範囲が拡大される可能性は高く、電子化に対応するメリットも多いため、早期の取り組みが重要です。


クラウド人事労務ソフトで変わる労務関連業務

HRテクノロジー(クラウド人事労務ソフト)を導入する企業が増えているのは、電子申請への対応や業務効率化の課題を解決するために、従来の紙での業務から脱却するためでしょう。

クラウド型のソフトは、オンプレミス型と⽐較しても初期費用が抑えられることや、法改正にあわせたアップデートが自動に行われるなどのメリットがあります。

また、クラウド人事労務ソフトの利用にあたり懸念されていたセキュリティ面は、大手企業でも安定的に運用している実績が積まれてきているため、払拭されつつあるのではないでしょうか。

労務管理業務のペーパーレス化を進めることができるため、書類を郵送したり受け渡しする際の手間やコストを削減できます。それによって、従業員の負担軽減と業務効率化を実現することができますし、感染症対策にもなるでしょう。

資料を読むには以下項目をご入力ください

STEP

1

2

3

資料を読むには以下項目をご入力ください

STEP

1

2

3

  • {{company.company_name}} {{company.address}}

戻る

資料を読むには以下項目をご入力ください

STEP

1

2

3

同時に会員登録いただくと、クラウド活用と生産性向上の専門サイト「BizHint」編集部が厳選した経営や組織に関する最新ニュース、会員限定の記事やイベントのご案内が受け取れます。
株式会社SmartHRに情報が提供されることに同意して

概要

電子政府e-Gov(イーガブ)を始めとする “労務”の電子化の流れ

電子政府e-Gov(イーガブ)を始めとする “労務”の電子化の流れ

労務関係の申請には多くの手間や時間がかかっています。政府としては、行政手続に要する事業者の作業時間を削減するため、2020年4月より、⼀部企業に対して、一部手続きの電子化を義務付け、行政手続コストの削減を図っています。今後、対象企業や手続きの範囲が拡大される可能性は高く、電子化に対応するメリットも多いため、早期の取り組みが重要です。


クラウド人事労務ソフトで変わる労務関連業務

HRテクノロジー(クラウド人事労務ソフト)を導入する企業が増えているのは、電子申請への対応や業務効率化の課題を解決するために、従来の紙での業務から脱却するためでしょう。

クラウド型のソフトは、オンプレミス型と⽐較しても初期費用が抑えられることや、法改正にあわせたアップデートが自動に行われるなどのメリットがあります。

また、クラウド人事労務ソフトの利用にあたり懸念されていたセキュリティ面は、大手企業でも安定的に運用している実績が積まれてきているため、払拭されつつあるのではないでしょうか。

労務管理業務のペーパーレス化を進めることができるため、書類を郵送したり受け渡しする際の手間やコストを削減できます。それによって、従業員の負担軽減と業務効率化を実現することができますし、感染症対策にもなるでしょう。

ブックマークしました