労務の課題を一挙解決!電子化が激変させる労務の世界

SmartHR

概要

労務に関する業務は、退職者が多い年度末や新卒採用が集中する4月、社会保険の定時改定が行われる6~7月、年度末調整を行う12月など…1年を通じて多忙なものとなっています。また、これまでは"紙文化"が常識であったことから、残業や休日出勤が当たり前でした。

しかし、働き方改革関連法の施行やコロナ禍に伴うテレワーク・リモートワークの推奨に伴い、“紙文化”からの変革時期が訪れています。政府は様々な手続きにおける「電子化」への対応を進めており、一部企業、一部労務手続きについては電子申請の義務化を開始しています。

そこで本資料では、「電子化の波が来ている労務業務」と「より利便性の高まるクラウド人事労務ソフト」の2つの要因により、これまでの“紙文化”からの転換期を迎えた労務の実状を紹介します。

すでに会員の方はこちらからログイン

  • メールアドレスでログイン
  • AppleIDでログイン
  • Facebookでログイン
  • Googleでログイン

資料を読むには以下項目をご入力ください

STEP

1

2

3

資料を読むには以下項目をご入力ください

STEP

1

2

3

  • {{company.company_name}} {{company.address}}

戻る

資料を読むには以下項目をご入力ください

STEP

1

2

3

同時に会員登録いただくと、クラウド活用と生産性向上の専門サイト「BizHint」編集部が厳選した経営や組織に関する最新ニュース、会員限定の記事やイベントのご案内が受け取れます。
株式会社SmartHRに情報が提供されることに同意して

概要

労務に関する業務は、退職者が多い年度末や新卒採用が集中する4月、社会保険の定時改定が行われる6~7月、年度末調整を行う12月など…1年を通じて多忙なものとなっています。また、これまでは"紙文化"が常識であったことから、残業や休日出勤が当たり前でした。

しかし、働き方改革関連法の施行やコロナ禍に伴うテレワーク・リモートワークの推奨に伴い、“紙文化”からの変革時期が訪れています。政府は様々な手続きにおける「電子化」への対応を進めており、一部企業、一部労務手続きについては電子申請の義務化を開始しています。

そこで本資料では、「電子化の波が来ている労務業務」と「より利便性の高まるクラウド人事労務ソフト」の2つの要因により、これまでの“紙文化”からの転換期を迎えた労務の実状を紹介します。

ブックマークしました