適性検査導入で絶対に失敗しない! 適性検査の比較と選び方

アッテル

概要

社風とのミスマッチを見抜く性格適性検査は、「学力・能力」「性格(優劣あり)」「性格(優劣なし)」の3カテゴリに分類されます。中でも「性格(優劣あり)」は、わかりやすい反面、ごまかしやすいために精度が低く、「性格(優劣なし)」は分析が必要ですがごまかしにくく精度を高めやすいため、注意が必要です。

採用面接で正解率を高めるには、属人的な経験や勘、感覚による「感覚人事」から脱却し、正しいデータを使用して適切な分析を行うことが重要です。本資料では、適性検査の比較と、導入の際に失敗しない選び方をご紹介しています。

すでに会員の方はこちらからログイン

  • メールアドレスでログイン
  • AppleIDでログイン
  • Facebookでログイン
  • Googleでログイン

資料を読むには次の項目をご入力ください

STEP

1

2

3

4

資料を読むには次の項目をご入力ください

STEP

1

2

3

4

  • {{company.company_name}} {{company.address}}

戻る

資料を読むには次の項目をご入力ください

STEP

1

2

3

4

ご入力内容に虚偽や不正がある場合、ご利用を停止させていただく場合がありますのでご注意ください。
戻る

受け取るニュースレターを選択してください

STEP

1

2

3

4

以下のニュースレター(広告を含む)は自動で配信させていただいております。これはBizHintが主に広告収入で運営されているためです。登録後の解除は可能ですのでご安心ください。

株式会社アッテルに情報が提供されること、

概要

社風とのミスマッチを見抜く性格適性検査は、「学力・能力」「性格(優劣あり)」「性格(優劣なし)」の3カテゴリに分類されます。中でも「性格(優劣あり)」は、わかりやすい反面、ごまかしやすいために精度が低く、「性格(優劣なし)」は分析が必要ですがごまかしにくく精度を高めやすいため、注意が必要です。

採用面接で正解率を高めるには、属人的な経験や勘、感覚による「感覚人事」から脱却し、正しいデータを使用して適切な分析を行うことが重要です。本資料では、適性検査の比較と、導入の際に失敗しない選び方をご紹介しています。

ブックマークしました