新卒採用における採用基準設計

適性検査CUBIC

概要

新卒採用は、企業文化を継承しやすい、将来の経営幹部としての土台が醸成できるなど様々なメリットがあります。しかし、中途採用と違って実績で能力を判断するのが難しいにも関わらず、「自社で活躍できる人材」の定義ができないまま採用活動をしていませんか?

この基準がないと、採用担当者自身の価値観や嗜好などの「バイアス」によって判断することになり、せっかく採用した学生が、入社後に「求める人材ではなかった」 「活躍できなかった」といったミスマッチが起きてしまいます。

そこで本資料では、「自社で活躍できる人材」を特定する採用基準の設計方法と、人材を定量的に見極める採用手法について解説します。

すでに会員の方はこちらからログイン

  • メールアドレスでログイン
  • AppleIDでログイン
  • Facebookでログイン
  • Googleでログイン

資料を読むには次の項目をご入力ください

STEP

1

2

3

4

資料を読むには次の項目をご入力ください

STEP

1

2

3

4

  • {{company.company_name}} {{company.address}}

戻る

資料を読むには次の項目をご入力ください

STEP

1

2

3

4

ご入力内容に虚偽や不正がある場合、ご利用を停止させていただく場合がありますのでご注意ください。
戻る

受け取るニュースレターを選択してください

STEP

1

2

3

4

以下のニュースレター(広告を含む)は自動で配信させていただいております。これはBizHintが主に広告収入で運営されているためです。登録後の解除は可能ですのでご安心ください。

株式会社トライアンフに情報が提供されること、

概要

新卒採用は、企業文化を継承しやすい、将来の経営幹部としての土台が醸成できるなど様々なメリットがあります。しかし、中途採用と違って実績で能力を判断するのが難しいにも関わらず、「自社で活躍できる人材」の定義ができないまま採用活動をしていませんか?

この基準がないと、採用担当者自身の価値観や嗜好などの「バイアス」によって判断することになり、せっかく採用した学生が、入社後に「求める人材ではなかった」 「活躍できなかった」といったミスマッチが起きてしまいます。

そこで本資料では、「自社で活躍できる人材」を特定する採用基準の設計方法と、人材を定量的に見極める採用手法について解説します。

ブックマークしました