ベンチャー企業が陥りがちな誤った契約管理

LegalForceキャビネ

概要

ベンチャー企業を始めとする全ての企業は、その成長に伴い様々な社内統制が必要になってきます。しかし、社内統制を後回しにしている場合、加速する企業の成長スピードに合わせて統制の制度を構築していくのは困難です。

特に、すぐに手をつけるべきは契約管理体制です。契約管理体制が不十分な組織の急拡大は、様々なリスクを生み出す危険性があります。早期から管理体制を構築できれば、契約リスクと対応コストを大幅に削減できるでしょう。したがって、経営層は早急に契約管理体制を十分にする必要があります。

そこで本資料では、急成長企業の各ステージにおける課題の整理とその課題に対する解決策を解説。点在している小さなリスクは、たちまち大きなリスクへと発展していく可能があります。この機会に見直してはいかがでしょうか?

すでに会員の方はこちらからログイン

  • メールアドレスでログイン
  • AppleIDでログイン
  • Facebookでログイン
  • Googleでログイン

資料を読むには次の項目をご入力ください

STEP

1

2

3

4

資料を読むには次の項目をご入力ください

STEP

1

2

3

4

  • {{company.company_name}} {{company.address}}

戻る

資料を読むには次の項目をご入力ください

STEP

1

2

3

4

ご入力内容に虚偽や不正がある場合、ご利用を停止させていただく場合がありますのでご注意ください。
戻る

受け取るニュースレターを選択してください

STEP

1

2

3

4

以下のニュースレター(広告を含む)は自動で配信させていただいております。これはBizHintが主に広告収入で運営されているためです。登録後の解除は可能ですのでご安心ください。

株式会社LegalForceに情報が提供されること、

概要

ベンチャー企業を始めとする全ての企業は、その成長に伴い様々な社内統制が必要になってきます。しかし、社内統制を後回しにしている場合、加速する企業の成長スピードに合わせて統制の制度を構築していくのは困難です。

特に、すぐに手をつけるべきは契約管理体制です。契約管理体制が不十分な組織の急拡大は、様々なリスクを生み出す危険性があります。早期から管理体制を構築できれば、契約リスクと対応コストを大幅に削減できるでしょう。したがって、経営層は早急に契約管理体制を十分にする必要があります。

そこで本資料では、急成長企業の各ステージにおける課題の整理とその課題に対する解決策を解説。点在している小さなリスクは、たちまち大きなリスクへと発展していく可能があります。この機会に見直してはいかがでしょうか?

ブックマークしました