”慣習”を見直すフレームワーク「OODAループ」

Salesforce

概要

私たちがこれまで、出社や訪問、脱ハンコなど、「当たり前」と考えてきたやり方は、テレワークを機に、大半はデジタルを使えば解決することに気づきました。

一方でこのような変化の中では、デジタルを用いて改善を続けるとしても、PDCAサイクルでは不十分です。Planはあくまで「計画できること」に限られ、コロナ禍のような、予測できない事態があった際には機能しないからです。

そこで本資料では、PDCAに代わる話題の考察手法、予測できない急速な変化に対応するための考え方「OODAループ(ウーダループ)」について解説します。ビジネスに役立つフレームワークとして欧米では広く活用されていますので、ぜひご参考ください。

すでに会員の方はこちらからログイン

  • メールアドレスでログイン
  • AppleIDでログイン
  • Facebookでログイン
  • Googleでログイン

資料を読むには次の項目をご入力ください

STEP

1

2

3

4

資料を読むには次の項目をご入力ください

STEP

1

2

3

4

  • {{company.company_name}} {{company.address}}

戻る

資料を読むには次の項目をご入力ください

STEP

1

2

3

4

ご入力内容に虚偽や不正がある場合、ご利用を停止させていただく場合がありますのでご注意ください。
戻る

受け取るニュースレターを選択してください

STEP

1

2

3

4

以下のニュースレター(広告を含む)は自動で配信させていただいております。これはBizHintが主に広告収入で運営されているためです。登録後の解除は可能ですのでご安心ください。

株式会社セールスフォース・ジャパンに情報が提供されること、

概要

私たちがこれまで、出社や訪問、脱ハンコなど、「当たり前」と考えてきたやり方は、テレワークを機に、大半はデジタルを使えば解決することに気づきました。

一方でこのような変化の中では、デジタルを用いて改善を続けるとしても、PDCAサイクルでは不十分です。Planはあくまで「計画できること」に限られ、コロナ禍のような、予測できない事態があった際には機能しないからです。

そこで本資料では、PDCAに代わる話題の考察手法、予測できない急速な変化に対応するための考え方「OODAループ(ウーダループ)」について解説します。ビジネスに役立つフレームワークとして欧米では広く活用されていますので、ぜひご参考ください。

ブックマークしました