【税理士が解説】電帳法改正とインボイス制度の導入で請求書業務はこう変わる

Bill One

概要

2022年1月に、電子帳簿保存法(電帳法)の改正が施行されました。さらに、2023年10月からはインボイス制度も開始され、請求書に関する業務は大きく変わることとなります。

「まだ先だから」と法改正や新制度への対応を先延ばしにする企業も見られますが、これらの対応は、実は今のうちから始める必要があります。

本資料では、税理士監修のもと「電帳法」と「インボイス制度」によって企業に生じる義務やそれぞれのポイントを解説します。

すでに会員の方はこちらからログイン

  • メールアドレスでログイン
  • AppleIDでログイン
  • Facebookでログイン
  • Googleでログイン

資料を読むには次の項目をご入力ください

STEP

1

2

3

4

資料を読むには次の項目をご入力ください

STEP

1

2

3

4

  • {{company.company_name}} {{company.address}}

戻る

資料を読むには次の項目をご入力ください

STEP

1

2

3

4

ご入力内容に虚偽や不正がある場合、ご利用を停止させていただく場合がありますのでご注意ください。
戻る

受け取るニュースレターを選択してください

STEP

1

2

3

4

以下のニュースレター(広告を含む)は自動で配信させていただいております。これはBizHintが主に広告収入で運営されているためです。登録後の解除は可能ですのでご安心ください。

Sansan株式会社に情報が提供されること、

概要

2022年1月に、電子帳簿保存法(電帳法)の改正が施行されました。さらに、2023年10月からはインボイス制度も開始され、請求書に関する業務は大きく変わることとなります。

「まだ先だから」と法改正や新制度への対応を先延ばしにする企業も見られますが、これらの対応は、実は今のうちから始める必要があります。

本資料では、税理士監修のもと「電帳法」と「インボイス制度」によって企業に生じる義務やそれぞれのポイントを解説します。

ブックマークしました