英語研修の効果を最大化させるポイント

Bizmates

概要

今後伸びる企業のキーワードは「グローバル化」。⽇本企業が業績や競争⼒を維持・向上させるには、海外へと市場を広げていくことが必須です。そのため、社員には「ビジネスシーンで通用する英語力」が求められています。しかし、英語研修を取り入れてもなかなか効果を出せないことは少なくありません。なぜなら、ビジネス英語を習得するための研修時間が圧倒的に不足しているからです。

英語学習成功のカギは、社員のモチベーションをあげ、研修後も能動的に学習に取り組んでもらうことにあります。そこで注目されているのが「アクティブ・ラーナー」の育成です。これは「好き」や「楽しい」といった感情で能動的に学習できる人を指します。こういった人材を増やすことで、研修では足りない英語学習を自発的に補ってもらえます。

本資料では、アクティブ・ラーナーへと育成する最適な方法をご紹介。楽しんで英語を学ぶ人材を増やすことで、企業はビジネスシーンで通用する英語力を持った社員の育成につなげることができます。

すでに会員の方はこちらからログイン

  • メールアドレスでログイン
  • AppleIDでログイン
  • Facebookでログイン
  • Googleでログイン

資料を読むには以下項目をご入力ください

STEP

1

2

3

資料を読むには以下項目をご入力ください

STEP

1

2

3

  • {{company.company_name}} {{company.address}}

戻る

資料を読むには以下項目をご入力ください

STEP

1

2

3

同時に会員登録いただくと、クラウド活用と生産性向上の専門サイト「BizHint」編集部が厳選した経営や組織に関する最新ニュース、会員限定の記事やイベントのご案内が受け取れます。
ビズメイツ株式会社に情報が提供されることに同意して

概要

今後伸びる企業のキーワードは「グローバル化」。⽇本企業が業績や競争⼒を維持・向上させるには、海外へと市場を広げていくことが必須です。そのため、社員には「ビジネスシーンで通用する英語力」が求められています。しかし、英語研修を取り入れてもなかなか効果を出せないことは少なくありません。なぜなら、ビジネス英語を習得するための研修時間が圧倒的に不足しているからです。

英語学習成功のカギは、社員のモチベーションをあげ、研修後も能動的に学習に取り組んでもらうことにあります。そこで注目されているのが「アクティブ・ラーナー」の育成です。これは「好き」や「楽しい」といった感情で能動的に学習できる人を指します。こういった人材を増やすことで、研修では足りない英語学習を自発的に補ってもらえます。

本資料では、アクティブ・ラーナーへと育成する最適な方法をご紹介。楽しんで英語を学ぶ人材を増やすことで、企業はビジネスシーンで通用する英語力を持った社員の育成につなげることができます。

ブックマークしました