【人事・人材育成担当者必見】グローバル人材研修を見直す

スピークバディ

概要

グローバル人材として活躍するためのスキルのうち、特に求められるのが「自ら考え行動する能力」と「問題解決能力」です。しかし英語研修において、受講者の学習がなかなか続かない、研修期間を終了した後は学習をやめてしまう、というお悩みはありませんか?「自ら考え学習」するという行動を習慣化させ、「自身の課題を分析し自力で英語を習得」するために、どういった研修をしていくべきなのでしょうか?

社員が自主的な英語学習能力を身につけるために適しているのが「コーチング」です。英語研修の中で、ひとりひとりの熟練度にあった研修設計をすることは大変難しく、また習慣化がされるまでは適度な管理が必要ですが、研修担当者にとって大きな負担がかかります。

そこで本資料では、社員の自主学習(セルフラーニング)を習慣化させるコツと、専属の英語のコーチが社員の自主学習をサポートするオンライン英語コーチングサービスについてご紹介します。

すでに会員の方はこちらからログイン

  • メールアドレスでログイン
  • AppleIDでログイン
  • Facebookでログイン
  • Googleでログイン

資料を読むには次の項目をご入力ください

STEP

1

2

3

4

資料を読むには次の項目をご入力ください

STEP

1

2

3

4

  • {{company.company_name}} {{company.address}}

戻る

資料を読むには次の項目をご入力ください

STEP

1

2

3

4

ご入力内容に虚偽や不正がある場合、ご利用を停止させていただく場合がありますのでご注意ください。
戻る

受け取るニュースレターを選択してください

STEP

1

2

3

4

以下のニュースレター(広告を含む)は自動で配信させていただいております。これはBizHintが主に広告収入で運営されているためです。登録後の解除は可能ですのでご安心ください。

株式会社スピークバディに情報が提供されること、

概要

グローバル人材として活躍するためのスキルのうち、特に求められるのが「自ら考え行動する能力」と「問題解決能力」です。しかし英語研修において、受講者の学習がなかなか続かない、研修期間を終了した後は学習をやめてしまう、というお悩みはありませんか?「自ら考え学習」するという行動を習慣化させ、「自身の課題を分析し自力で英語を習得」するために、どういった研修をしていくべきなのでしょうか?

社員が自主的な英語学習能力を身につけるために適しているのが「コーチング」です。英語研修の中で、ひとりひとりの熟練度にあった研修設計をすることは大変難しく、また習慣化がされるまでは適度な管理が必要ですが、研修担当者にとって大きな負担がかかります。

そこで本資料では、社員の自主学習(セルフラーニング)を習慣化させるコツと、専属の英語のコーチが社員の自主学習をサポートするオンライン英語コーチングサービスについてご紹介します。

ブックマークしました