【社労士解説つき】2022年人事労務向け法改正&実務対応カレンダー

SmartHR

概要

ここ数年つづいた「働き方改革」関連法案の施行ラッシュは一旦落ち着きましたが、今年は育児・介護休業法の大規模改革が控えています。規程だけでなく、労使協定や人事フローの見直しも必要になりますので、今年の法改正スケジュールを今一度確認し、業務計画を立ててみてはいかがでしょうか。

本資料では、2022年の人事労務向け法改正・実務対応を社労士のポイント解説付きで掲載しています。

※本資料の内容は2021年12月28日現在のものです。

目次

  • はじめに
  • 1月のトピック 雇用保険マルチジョブホルダー制度(65歳以上対象)の創設 など
  • 2月のトピック 決算準備(3月決算法人) など
  • 3月のトピック 36協定の更新、届出 など
  • 4月のトピック 中小企業へのパワハラ防止措置義務の適用 など
  • 5月のトピック 障害者雇用納付金の申告納付 など
  • 6月のトピック 労働保険の年度更新手続き など
  • 7月のトピック 健康保険・厚生年金の「算定基礎届」の提出 など
  • 8/9月のトピック 新標準報酬月額の確認と通知 など
  • 10月のトピック 育児介護休業法の改正 など
  • 11/12月のトピック 賞与支払届の提出 など
  • おわりに
  • SmartHRサービス紹介、導入事例

すでに会員の方はこちらからログイン

  • メールアドレスでログイン
  • AppleIDでログイン
  • Facebookでログイン
  • Googleでログイン

資料を読むには次の項目をご入力ください

STEP

1

2

3

4

資料を読むには次の項目をご入力ください

STEP

1

2

3

4

  • {{company.company_name}} {{company.address}}

戻る

資料を読むには次の項目をご入力ください

STEP

1

2

3

4

ご入力内容に虚偽や不正がある場合、ご利用を停止させていただく場合がありますのでご注意ください。
戻る

受け取るニュースレターを選択してください

STEP

1

2

3

4

以下のニュースレター(広告を含む)は自動で配信させていただいております。これはBizHintが主に広告収入で運営されているためです。登録後の解除は可能ですのでご安心ください。

株式会社SmartHRに情報が提供されること、

概要

ここ数年つづいた「働き方改革」関連法案の施行ラッシュは一旦落ち着きましたが、今年は育児・介護休業法の大規模改革が控えています。規程だけでなく、労使協定や人事フローの見直しも必要になりますので、今年の法改正スケジュールを今一度確認し、業務計画を立ててみてはいかがでしょうか。

本資料では、2022年の人事労務向け法改正・実務対応を社労士のポイント解説付きで掲載しています。

※本資料の内容は2021年12月28日現在のものです。

目次

  • はじめに
  • 1月のトピック 雇用保険マルチジョブホルダー制度(65歳以上対象)の創設 など
  • 2月のトピック 決算準備(3月決算法人) など
  • 3月のトピック 36協定の更新、届出 など
  • 4月のトピック 中小企業へのパワハラ防止措置義務の適用 など
  • 5月のトピック 障害者雇用納付金の申告納付 など
  • 6月のトピック 労働保険の年度更新手続き など
  • 7月のトピック 健康保険・厚生年金の「算定基礎届」の提出 など
  • 8/9月のトピック 新標準報酬月額の確認と通知 など
  • 10月のトピック 育児介護休業法の改正 など
  • 11/12月のトピック 賞与支払届の提出 など
  • おわりに
  • SmartHRサービス紹介、導入事例
ブックマークしました