人事・労務1000名調査 新型コロナウイルス流行前後における人事・労務業務の変化

SmartHR

概要

コロナ前後で業務をデジタル化する動きが加速しましたが、人事・労務には未だに「紙業務」が多く残っています。人事・労務担当者約1000人を対象とした調査結果によると、「コロナ禍でデジタル化が進んだ」と回答した人は20%程度であることが分かりました。一方、そのうち64%の人が効果を実感しており、デジタル化が前向きに受け入れられている傾向にあります。

また、勤め先の働く環境については、デジタル化した人のうち60.6%が「満足である」と回答しており、社会変化への適用状況を評価しています。その他、デジタル化と働きやすさの関わりを、「コロナ前後における業務変化」の調査結果から紐解きます。

目次

  • 調査概要
  • 調査結果
  • SmartHR 人事労務研究所 総評
  • SmartHRサービス紹介、導入事例

すでに会員の方はこちらからログイン

  • メールアドレスでログイン
  • AppleIDでログイン
  • Facebookでログイン
  • Googleでログイン

資料を読むには次の項目をご入力ください

STEP

1

2

3

4

資料を読むには次の項目をご入力ください

STEP

1

2

3

4

  • {{company.company_name}} {{company.address}}

戻る

資料を読むには次の項目をご入力ください

STEP

1

2

3

4

ご入力内容に虚偽や不正がある場合、ご利用を停止させていただく場合がありますのでご注意ください。
戻る

受け取るニュースレターを選択してください

STEP

1

2

3

4

以下のニュースレター(広告を含む)は自動で配信させていただいております。これはBizHintが主に広告収入で運営されているためです。登録後の解除は可能ですのでご安心ください。

株式会社SmartHRに情報が提供されること、

概要

コロナ前後で業務をデジタル化する動きが加速しましたが、人事・労務には未だに「紙業務」が多く残っています。人事・労務担当者約1000人を対象とした調査結果によると、「コロナ禍でデジタル化が進んだ」と回答した人は20%程度であることが分かりました。一方、そのうち64%の人が効果を実感しており、デジタル化が前向きに受け入れられている傾向にあります。

また、勤め先の働く環境については、デジタル化した人のうち60.6%が「満足である」と回答しており、社会変化への適用状況を評価しています。その他、デジタル化と働きやすさの関わりを、「コロナ前後における業務変化」の調査結果から紐解きます。

目次

  • 調査概要
  • 調査結果
  • SmartHR 人事労務研究所 総評
  • SmartHRサービス紹介、導入事例
ブックマークしました