「女性活躍推進法」対応できていますか?行動計画策定に向けた状況把握・課題分析術

SmartHR

概要

今年4月以降「女性活躍推進法」が改正され、常時雇用する従業員が101人以上の企業に対しても、自社の女性の活躍に対する4つの項目の実施が義務付けられました。

少子化による労働人口の減少、出産育児による女性の離職、国際的にも女性管理職が少ないことを背景として施行されたのがこの法律です。今の日本では、女性が活躍するための社会風土を作ることが急務と言えるでしょう。

行動計画策定のためには、まず自社の女性の活躍に関する状況の把握と課題の分析が必要です。本資料では、その具体的な取り組みを詳しく解説します。

すでに会員の方はこちらからログイン

  • メールアドレスでログイン
  • AppleIDでログイン
  • Facebookでログイン
  • Googleでログイン

資料を読むには次の項目をご入力ください

STEP

1

2

3

4

資料を読むには次の項目をご入力ください

STEP

1

2

3

4

  • {{company.company_name}} {{company.address}}

戻る

資料を読むには次の項目をご入力ください

STEP

1

2

3

4

ご入力内容に虚偽や不正がある場合、ご利用を停止させていただく場合がありますのでご注意ください。
戻る

受け取るニュースレターを選択してください

STEP

1

2

3

4

以下のニュースレター(広告を含む)は自動で配信させていただいております。これはBizHintが主に広告収入で運営されているためです。登録後の解除は可能ですのでご安心ください。

株式会社SmartHRに情報が提供されること、

概要

今年4月以降「女性活躍推進法」が改正され、常時雇用する従業員が101人以上の企業に対しても、自社の女性の活躍に対する4つの項目の実施が義務付けられました。

少子化による労働人口の減少、出産育児による女性の離職、国際的にも女性管理職が少ないことを背景として施行されたのがこの法律です。今の日本では、女性が活躍するための社会風土を作ることが急務と言えるでしょう。

行動計画策定のためには、まず自社の女性の活躍に関する状況の把握と課題の分析が必要です。本資料では、その具体的な取り組みを詳しく解説します。

ブックマークしました