【法制度への対応実務を税理士が解説】電帳法とインボイス制度対応に見る企業の成功事例・失敗事例

Bill One

概要

2022年1月に、電子帳簿保存法(電帳法)の改正が施行されました。また2023年10月には消費税に関するインボイス制度(適格請求書等保存方式)が開始されるので、企業を取り巻く請求書関連業務が大きく変わります。

そこで本資料では、税理士の監修による電帳法のポイント解説に加え、電帳法への対応に踏み出した企業の成功事例・失敗事例を紹介いたします。

今後、電帳法とインボイス制度への対応を進めるための参考としてぜひご覧ください。

すでに会員の方はこちらからログイン

  • メールアドレスでログイン
  • AppleIDでログイン
  • Facebookでログイン
  • Googleでログイン

資料を読むには次の項目をご入力ください

STEP

1

2

3

4

資料を読むには次の項目をご入力ください

STEP

1

2

3

4

  • {{company.company_name}} {{company.address}}

戻る

資料を読むには次の項目をご入力ください

STEP

1

2

3

4

ご入力内容に虚偽や不正がある場合、ご利用を停止させていただく場合がありますのでご注意ください。
戻る

受け取るニュースレターを選択してください

STEP

1

2

3

4

以下のニュースレター(広告を含む)は自動で配信させていただいております。これはBizHintが主に広告収入で運営されているためです。登録後の解除は可能ですのでご安心ください。

Sansan株式会社に情報が提供されること、

概要

2022年1月に、電子帳簿保存法(電帳法)の改正が施行されました。また2023年10月には消費税に関するインボイス制度(適格請求書等保存方式)が開始されるので、企業を取り巻く請求書関連業務が大きく変わります。

そこで本資料では、税理士の監修による電帳法のポイント解説に加え、電帳法への対応に踏み出した企業の成功事例・失敗事例を紹介いたします。

今後、電帳法とインボイス制度への対応を進めるための参考としてぜひご覧ください。

ブックマークしました