ひと目でわかる要チェック条文 秘密保持契約書(NDA)編

LegalForce

概要

企業間の取引において、自社の秘密情報を相手方に開示した場合、その相手方の取扱い次第で、想定しない第三者からの開示など情報漏えいが発生し、自社が大きな不利益を受ける恐れがあります。

このようなリスクから自社を守るため、多くの取引において秘密保持契約(NDA)が締結されます。秘密保持契約(NDA)は見慣れた契約書であるかもしれませんが、今一度、締結される目的や確認すべき条文について、正しく理解してみてはいかがでしょうか。

本資料は、秘密保持契約(NDA)を作成・審査するみなさまに、秘密保持契約(NDA)を締結する目的や時期、作成・審査する際の確認すべきポイントを詳しく解説しています。

すでに会員の方はこちらからログイン

  • メールアドレスでログイン
  • AppleIDでログイン
  • Facebookでログイン
  • Googleでログイン

資料を読むには次の項目をご入力ください

STEP

1

2

3

4

資料を読むには次の項目をご入力ください

STEP

1

2

3

4

  • {{company.company_name}} {{company.address}}

戻る

資料を読むには次の項目をご入力ください

STEP

1

2

3

4

ご入力内容に虚偽や不正がある場合、ご利用を停止させていただく場合がありますのでご注意ください。
戻る

受け取るニュースレターを選択してください

STEP

1

2

3

4

以下のニュースレター(広告を含む)は自動で配信させていただいております。これはBizHintが主に広告収入で運営されているためです。登録後の解除は可能ですのでご安心ください。

株式会社LegalOn Technologiesに情報が提供されること、

概要

企業間の取引において、自社の秘密情報を相手方に開示した場合、その相手方の取扱い次第で、想定しない第三者からの開示など情報漏えいが発生し、自社が大きな不利益を受ける恐れがあります。

このようなリスクから自社を守るため、多くの取引において秘密保持契約(NDA)が締結されます。秘密保持契約(NDA)は見慣れた契約書であるかもしれませんが、今一度、締結される目的や確認すべき条文について、正しく理解してみてはいかがでしょうか。

本資料は、秘密保持契約(NDA)を作成・審査するみなさまに、秘密保持契約(NDA)を締結する目的や時期、作成・審査する際の確認すべきポイントを詳しく解説しています。

ブックマークしました