”顧客情報”を安全に運用できていますか?

Adeccoのアウトソーシング

概要

続発する情報漏えいの事故を受け、個人情報保護制度が改正されました。企業にとって大きなリスクとなる情報漏えいを未然に防ぐためには、保有データの整理・分析・消去フローの見直しなど、改善ポイントを押さえておく必要があります。

しかし、法改正に併せて、適切な委託先の選定・監督・契約(法25条)や「保有個人データの開示請求」の迅速な対応などに対処するには、クラウドデータベースやAIなどの駆使が求められる時代となりました。

そこで本資料では、顧客情報の取り扱いにおける4つの改善ポイントとともに、DXを活用した情報資産管理の必要性を解説しています。また、背景となる改正個人情報保護法についても説明しています。

すでに会員の方はこちらからログイン

  • メールアドレスでログイン
  • AppleIDでログイン
  • Facebookでログイン
  • Googleでログイン

資料を読むには次の項目をご入力ください

STEP

1

2

3

4

資料を読むには次の項目をご入力ください

STEP

1

2

3

4

  • {{company.company_name}} {{company.address}}

戻る

資料を読むには次の項目をご入力ください

STEP

1

2

3

4

ご入力内容に虚偽や不正がある場合、ご利用を停止させていただく場合がありますのでご注意ください。
戻る

受け取るニュースレターを選択してください

STEP

1

2

3

4

以下のニュースレター(広告を含む)は自動で配信させていただいております。これはBizHintが主に広告収入で運営されているためです。登録後の解除は可能ですのでご安心ください。

アデコ株式会社に情報が提供されること、

概要

続発する情報漏えいの事故を受け、個人情報保護制度が改正されました。企業にとって大きなリスクとなる情報漏えいを未然に防ぐためには、保有データの整理・分析・消去フローの見直しなど、改善ポイントを押さえておく必要があります。

しかし、法改正に併せて、適切な委託先の選定・監督・契約(法25条)や「保有個人データの開示請求」の迅速な対応などに対処するには、クラウドデータベースやAIなどの駆使が求められる時代となりました。

そこで本資料では、顧客情報の取り扱いにおける4つの改善ポイントとともに、DXを活用した情報資産管理の必要性を解説しています。また、背景となる改正個人情報保護法についても説明しています。

ブックマークしました