中小企業の給与計算に起こる属人化を解消するためには?

トライアンフのHRソリューション

概要

給与計算、勤怠計算、従業員お問い合わせ対応など、企業に欠かせない給与計算業務。ベンチャー・中小企業ではこのようなノンコア業務に自社のリソースを割きにくいため、少数の担当者に任せがちです。しかし、属人化したままで業務を進めていると、担当者に業務負担がかかるため、離職のリスクが生じてしまいます。

給与計算の属人化を解消するためには、「業務プロセスの可視化」「システム導入による自動化」「アウトソーシング」という3つの手法があります。それぞれどのようなメリット・デメリットがあるのでしょうか。

本資料では、中小企業の給与計算に起こる属人化を解消するための方法を解説しています。

すでに会員の方はこちらからログイン

  • メールアドレスでログイン
  • AppleIDでログイン
  • Facebookでログイン
  • Googleでログイン

資料を読むには次の項目をご入力ください

STEP

1

2

3

4

資料を読むには次の項目をご入力ください

STEP

1

2

3

4

  • {{company.company_name}} {{company.address}}

戻る

資料を読むには次の項目をご入力ください

STEP

1

2

3

4

ご入力内容に虚偽や不正がある場合、ご利用を停止させていただく場合がありますのでご注意ください。
戻る

受け取るニュースレターを選択してください

STEP

1

2

3

4

以下のニュースレター(広告を含む)は自動で配信させていただいております。これはBizHintが主に広告収入で運営されているためです。登録後の解除は可能ですのでご安心ください。

株式会社トライアンフに情報が提供されること、

概要

給与計算、勤怠計算、従業員お問い合わせ対応など、企業に欠かせない給与計算業務。ベンチャー・中小企業ではこのようなノンコア業務に自社のリソースを割きにくいため、少数の担当者に任せがちです。しかし、属人化したままで業務を進めていると、担当者に業務負担がかかるため、離職のリスクが生じてしまいます。

給与計算の属人化を解消するためには、「業務プロセスの可視化」「システム導入による自動化」「アウトソーシング」という3つの手法があります。それぞれどのようなメリット・デメリットがあるのでしょうか。

本資料では、中小企業の給与計算に起こる属人化を解消するための方法を解説しています。

ブックマークしました