「オフィスステーション労務」説明資料

オフィスステーション労務

概要

今、労務を取り巻く環境が大きく変化しています。政府は様々な手続きにおける電子化への対応を進めており、2019年4月には「労働条件通知書」の電子化、さらに2020年には健康保険組合の電子申請の開始、特定の法人において健康保険や雇用保険など一部の電子申請が義務化されました。

しかし、e-Govなど政府のシステムにはわかりづらい・使いづらい点が多く、人事・労務部はまだまだ「紙」に頼った非効率な業務が多いのが現状です。

本資料では、労務関連の電子申請についての解説と、こうした課題を解決するクラウドシステムについてご紹介します。

すでに会員の方はこちらからログイン

  • メールアドレスでログイン
  • AppleIDでログイン
  • Facebookでログイン
  • Googleでログイン

資料を読むには次の項目をご入力ください

STEP

1

2

3

4

資料を読むには次の項目をご入力ください

STEP

1

2

3

4

  • {{company.company_name}} {{company.address}}

戻る

資料を読むには次の項目をご入力ください

STEP

1

2

3

4

ご入力内容に虚偽や不正がある場合、ご利用を停止させていただく場合がありますのでご注意ください。
戻る

受け取るニュースレターを選択してください

STEP

1

2

3

4

以下のニュースレター(広告を含む)は自動で配信させていただいております。これはBizHintが主に広告収入で運営されているためです。登録後の解除は可能ですのでご安心ください。

株式会社エフアンドエムに情報が提供されること、

概要

今、労務を取り巻く環境が大きく変化しています。政府は様々な手続きにおける電子化への対応を進めており、2019年4月には「労働条件通知書」の電子化、さらに2020年には健康保険組合の電子申請の開始、特定の法人において健康保険や雇用保険など一部の電子申請が義務化されました。

しかし、e-Govなど政府のシステムにはわかりづらい・使いづらい点が多く、人事・労務部はまだまだ「紙」に頼った非効率な業務が多いのが現状です。

本資料では、労務関連の電子申請についての解説と、こうした課題を解決するクラウドシステムについてご紹介します。

ブックマークしました