拡大するRPO(採用アウトソーシング)効果的な活用方法とは

Spring転職エージェント

概要

厚生労働省によると、コロナ禍において有効求人倍率は一時0.99倍となったものの、2022年3月には1.22倍まで回復してきており、採用活動が急速に活発化してきています。

このような状況下で、優秀な人材を継続的に採用する新たな採用スキームとして注目が集まっているのが、採用アウトソーシング(RPO)です。

「人事のリソースが足りない」「採用ノウハウが足りない」「内定辞退が多い」といった課題には、RPOが効果的です。本資料では、具体的にどのようなアウトソースが行われているか、活用事例とともにご紹介します。

すでに会員の方はこちらからログイン

  • メールアドレスでログイン
  • AppleIDでログイン
  • Facebookでログイン
  • Googleでログイン

資料を読むには次の項目をご入力ください

STEP

1

2

3

4

資料を読むには次の項目をご入力ください

STEP

1

2

3

4

  • {{company.company_name}} {{company.address}}

戻る

資料を読むには次の項目をご入力ください

STEP

1

2

3

4

ご入力内容に虚偽や不正がある場合、ご利用を停止させていただく場合がありますのでご注意ください。
戻る

受け取るニュースレターを選択してください

STEP

1

2

3

4

以下のニュースレター(広告を含む)は自動で配信させていただいております。これはBizHintが主に広告収入で運営されているためです。登録後の解除は可能ですのでご安心ください。

アデコ株式会社に情報が提供されること、

概要

厚生労働省によると、コロナ禍において有効求人倍率は一時0.99倍となったものの、2022年3月には1.22倍まで回復してきており、採用活動が急速に活発化してきています。

このような状況下で、優秀な人材を継続的に採用する新たな採用スキームとして注目が集まっているのが、採用アウトソーシング(RPO)です。

「人事のリソースが足りない」「採用ノウハウが足りない」「内定辞退が多い」といった課題には、RPOが効果的です。本資料では、具体的にどのようなアウトソースが行われているか、活用事例とともにご紹介します。

ブックマークしました