【弁護士が解説!】締結後の契約書に潜むリスク

LegalForceキャビネ

概要

法務担当者は、契約を結ぶ前に多くの時間をかけて不利な契約締結によるリスクを排除しようとしています。

ですが契約の効力は、締結後に初めて発揮されます。そのため、締結して終わりではなく、締結済みの契約こそ潜んでいるリスクを把握し、対策を立てる必要があります。

そこで本資料では、弁護士の解説のもと「そもそも契約とは」「契約リスクとは」「あるべき管理の姿とは?」を探ります。会社の最大のリスクとなりえる契約について現場担当者から、管理職、経営者までおさえておきましょう。

すでに会員の方はこちらからログイン

  • メールアドレスでログイン
  • AppleIDでログイン
  • Facebookでログイン
  • Googleでログイン

資料を読むには次の項目をご入力ください

STEP

1

2

3

4

資料を読むには次の項目をご入力ください

STEP

1

2

3

4

  • {{company.company_name}} {{company.address}}

戻る

資料を読むには次の項目をご入力ください

STEP

1

2

3

4

ご入力内容に虚偽や不正がある場合、ご利用を停止させていただく場合がありますのでご注意ください。
戻る

受け取るニュースレターを選択してください

STEP

1

2

3

4

以下のニュースレター(広告を含む)は自動で配信させていただいております。これはBizHintが主に広告収入で運営されているためです。登録後の解除は可能ですのでご安心ください。

株式会社LegalForceに情報が提供されること、

概要

法務担当者は、契約を結ぶ前に多くの時間をかけて不利な契約締結によるリスクを排除しようとしています。

ですが契約の効力は、締結後に初めて発揮されます。そのため、締結して終わりではなく、締結済みの契約こそ潜んでいるリスクを把握し、対策を立てる必要があります。

そこで本資料では、弁護士の解説のもと「そもそも契約とは」「契約リスクとは」「あるべき管理の姿とは?」を探ります。会社の最大のリスクとなりえる契約について現場担当者から、管理職、経営者までおさえておきましょう。

ブックマークしました