社労士が解説「ジョブ型雇用制度」導入のために人事・労務がやるべきことは?【30_0025】

SmartHR

概要

経営環境の変化が激しいなか、経営戦略上必要な人材を外部労働市場から調達し、また社内人材を育成することが求められます。その対応策として、富士通をはじめ大手企業を中心に「ジョブ型雇用制度」の導入が進んでいます。

ジョブ型雇用へ移行する際には、人事制度など仕組みの改革と、労使双方の意識変革が不可欠です。しかし、制度改革は企業の活力を奪うリスクもはらむため慎重に議論を進めなくてはなりません。

本資料では、導入が加速するジョブ型雇用制度の概要と導入時のポイント、課題について、社労士がわかりやすく解説します。

すでに会員の方はこちらからログイン

  • メールアドレスでログイン
  • AppleIDでログイン
  • Facebookでログイン
  • Googleでログイン

資料を読むには次の項目をご入力ください

STEP

1

2

3

4

資料を読むには次の項目をご入力ください

STEP

1

2

3

4

  • {{company.company_name}} {{company.address}}

戻る

資料を読むには次の項目をご入力ください

STEP

1

2

3

4

ご入力内容に虚偽や不正がある場合、ご利用を停止させていただく場合がありますのでご注意ください。
戻る

受け取るニュースレターを選択してください

STEP

1

2

3

4

以下のニュースレター(広告を含む)は自動で配信させていただいております。これはBizHintが主に広告収入で運営されているためです。登録後の解除は可能ですのでご安心ください。

株式会社SmartHRに情報が提供されること、

概要

経営環境の変化が激しいなか、経営戦略上必要な人材を外部労働市場から調達し、また社内人材を育成することが求められます。その対応策として、富士通をはじめ大手企業を中心に「ジョブ型雇用制度」の導入が進んでいます。

ジョブ型雇用へ移行する際には、人事制度など仕組みの改革と、労使双方の意識変革が不可欠です。しかし、制度改革は企業の活力を奪うリスクもはらむため慎重に議論を進めなくてはなりません。

本資料では、導入が加速するジョブ型雇用制度の概要と導入時のポイント、課題について、社労士がわかりやすく解説します。

ブックマークしました