「2025年の崖」に打ち勝つ!経営リスクを回避する突破口とは【30_0031】

SmartHR

概要

2025年にはIT人材の引退や各種システムのサポート終了が予想されます。

それを見据えたDXを進めなければ「既存システムの老朽化・複雑化・ブラックボックス化」に耐えられず、国際競争への遅れや経済損失が起こるとされる「2025年の崖」について耳にした方も多いでしょう。

本資料では、この「2025年の崖」を放置するリスクと回避するための方法を紹介します。対応策で最優先すべき事項は資料4ページをご覧ください。

contents

  • 2025年の崖を放置するリスク (p.3)
  • 最優先で対応すべきは「人事DX」 (p.4)
  • 確実にDXするなら「クラウド移行」 (p.5)
  • 既存システムの刷新は優先順位付けが大事 (p.6)
  • クラウドを選ぶ際のチェックポイント (p.7)

すでに会員の方はこちらからログイン

  • メールアドレスでログイン
  • AppleIDでログイン
  • Facebookでログイン
  • Googleでログイン

資料を読むには次の項目をご入力ください

STEP

1

2

3

4

資料を読むには次の項目をご入力ください

STEP

1

2

3

4

  • {{company.company_name}} {{company.address}}

戻る

資料を読むには次の項目をご入力ください

STEP

1

2

3

4

ご入力内容に虚偽や不正がある場合、ご利用を停止させていただく場合がありますのでご注意ください。
戻る

受け取るニュースレターを選択してください

STEP

1

2

3

4

以下のニュースレター(広告を含む)は自動で配信させていただいております。これはBizHintが主に広告収入で運営されているためです。登録後の解除は可能ですのでご安心ください。

株式会社SmartHRに情報が提供されること、

概要

2025年にはIT人材の引退や各種システムのサポート終了が予想されます。

それを見据えたDXを進めなければ「既存システムの老朽化・複雑化・ブラックボックス化」に耐えられず、国際競争への遅れや経済損失が起こるとされる「2025年の崖」について耳にした方も多いでしょう。

本資料では、この「2025年の崖」を放置するリスクと回避するための方法を紹介します。対応策で最優先すべき事項は資料4ページをご覧ください。

contents

  • 2025年の崖を放置するリスク (p.3)
  • 最優先で対応すべきは「人事DX」 (p.4)
  • 確実にDXするなら「クラウド移行」 (p.5)
  • 既存システムの刷新は優先順位付けが大事 (p.6)
  • クラウドを選ぶ際のチェックポイント (p.7)
ブックマークしました