概要

働き方改革関連法では「自動車運転業務に対する時間外労働の上限規制適用」が猶予されていましたが、いよいよ2024年4月1日から開始します。これにより、自動車運転業務のある企業の人事・労務は、上限規制の適用開始までに時間外労働が年960時間に達しないよう対策しなくてはなりません。

さらに物流業界では、自動車運転の業務時間が制限されることでさまざまな問題が起こるとされる「2024年問題」が不安視されています。特に自動車運転業務にあたるトラックドライバーを抱える企業はその対策も必要です。

この資料では、トラックドライバーを抱える企業向けに、2024年問題の影響と3つの対策を紹介します。詳しくは資料p.5〜ご覧ください。

目次

  • はじめに
  • 2024年問題の構造
  • 2024年問題はトラックドライバーの離職を招く
  • 魅力的な会社をつくるための3ステップ
  • 人事課題の解決なら「SmartHR」
  • SmartHRサービス紹介

BizHint会員はこちら

ログインすると、すべての資料が閲覧できます。


まだBizHint会員に登録していない方はこちら

資料を読むには、BizHintのニュースレター登録(簡単1分・無料)が必要です。登録すると、すべてのコンテンツが無料で閲覧できます。

STEP

1

2

3

4

資料を読むには次の項目をご入力ください

STEP

1

2

3

4

  • {{company.company_name}} {{company.address}}

戻る

資料を読むには次の項目をご入力ください

STEP

1

2

3

4

ご入力内容に虚偽や不正がある場合、ご利用を停止させていただく場合がありますのでご注意ください。
戻る

受け取るニュースレターを選択してください

STEP

1

2

3

4

以下のニュースレター(広告を含む)は自動で配信させていただいております。これはBizHintが主に広告収入で運営されているためです。登録後の解除は可能ですのでご安心ください。

株式会社SmartHRに情報が提供されること、

概要

働き方改革関連法では「自動車運転業務に対する時間外労働の上限規制適用」が猶予されていましたが、いよいよ2024年4月1日から開始します。これにより、自動車運転業務のある企業の人事・労務は、上限規制の適用開始までに時間外労働が年960時間に達しないよう対策しなくてはなりません。

さらに物流業界では、自動車運転の業務時間が制限されることでさまざまな問題が起こるとされる「2024年問題」が不安視されています。特に自動車運転業務にあたるトラックドライバーを抱える企業はその対策も必要です。

この資料では、トラックドライバーを抱える企業向けに、2024年問題の影響と3つの対策を紹介します。詳しくは資料p.5〜ご覧ください。

目次

  • はじめに
  • 2024年問題の構造
  • 2024年問題はトラックドライバーの離職を招く
  • 魅力的な会社をつくるための3ステップ
  • 人事課題の解決なら「SmartHR」
  • SmartHRサービス紹介
ブックマークしました