概要

少子高齢化が進み労働人口の減少が進む中、2030年には644万人の人手不足が生じると予測されています※1

それに伴い、女性やシニアの雇用が進められている一方で外国人採用も着実に増えており、調査※2によると1000社のうち約50%以上が外国人採用にすでに取り組んでいると回答しました。つまり、早めの外国人採用が深刻な人手不足を補うカギと言えます。

そこで本資料では、入管法改正や技能実習制度廃止が雇用に与える影響を解説するとともに、外国人採用に関わる不安を解消し、採用決定率を上げるための方法をご紹介します。

※1 引用:パーソル総合研究所「労働市場の未来推計2030」※2 引用:パーソルホールディングス「人的資本経営調査レポート」

BizHint会員はこちら

ログインすると、すべての資料が閲覧できます。


まだBizHint会員に登録していない方はこちら

資料を読むには、BizHintのニュースレター登録(簡単1分・無料)が必要です。登録すると、すべてのコンテンツが無料で閲覧できます。

STEP

1

2

3

4

資料を読むには次の項目をご入力ください

STEP

1

2

3

4

  • {{company.company_name}} {{company.address}}

戻る

資料を読むには次の項目をご入力ください

STEP

1

2

3

4

ご入力内容に虚偽や不正がある場合、ご利用を停止させていただく場合がありますのでご注意ください。
戻る

受け取るニュースレターを選択してください

STEP

1

2

3

4

以下のニュースレター(広告を含む)は自動で配信させていただいております。これはBizHintが主に広告収入で運営されているためです。登録後の解除は可能ですのでご安心ください。

Guidable株式会社に情報が提供されること、

概要

少子高齢化が進み労働人口の減少が進む中、2030年には644万人の人手不足が生じると予測されています※1

それに伴い、女性やシニアの雇用が進められている一方で外国人採用も着実に増えており、調査※2によると1000社のうち約50%以上が外国人採用にすでに取り組んでいると回答しました。つまり、早めの外国人採用が深刻な人手不足を補うカギと言えます。

そこで本資料では、入管法改正や技能実習制度廃止が雇用に与える影響を解説するとともに、外国人採用に関わる不安を解消し、採用決定率を上げるための方法をご紹介します。

※1 引用:パーソル総合研究所「労働市場の未来推計2030」※2 引用:パーソルホールディングス「人的資本経営調査レポート」

ブックマークしました