中途採用

採用業務の効率化が可能にした、「候補者ひとり一人と向き合う採用」

BizHint 編集部

アドプラットフォーム事業を中心に、ECやゲームなど、幅広いサービスを展開し続けているVOYAGE GROUP。2015年から3年連続で「働きがいのある会社」中規模部門で1位に輝いています。「『人』を軸にした事業開発会社」を掲げる同社にとって最大の資産は「人・組織・カルチャー」。採用活動が成功を左右すると言えますが、これまでは業務に追われ、候補者と十分に向き合い切れていないことが課題でした。そんなVOYAGE GROUPの課題解決に向け、外部から参画したのがエージェント出身の井上雄貴さんです。「候補者の中の一人」ではなく、「その人自身」にきちんと向き合うことで良い結果が得られると語る井上さん。HRMOS採用による業務効率化と併せ、いかに採用のあるべき姿を実現したのか伺います。[sponsored by HRMOS採用]

メインビジュアル

「1to1」で候補者と向き合う採用を目指すVOYAGE GROUP

井上雄貴さん(以下、井上): 私は、前職がエージェントで、リクルーティングアドバイザー・キャリアアドバイザー、そしてスカウトを中心とした集客活動を担当しており、VOYAGE GROUPには昨年、中途採用担当として入社しています。私が入社した時、大きく分けて2つの採用課題を感じました。

ひとつ目は 採用活動がとても非効率だった 点です。これまでVOYAGE GROUPには中途採用の専任担当者は一人もおらず、候補者管理もすべてExcelで管理していました。日々の業務に加え、面接の日程管理やエージェント対応などに時間がかかってしまい、 候補者としっかり向き合う時間を作れていませんでした。

ふたつ目は、 エージェント経由での採用活動 です。当時、中途採用はエージェント経由での紹介がメインでしたが、「採用のコスト感が本当に見合っているか」は疑問符がついていました。加えて、弊社が採用したい人材像を上手くお伝えできず、ミスマッチが起こっていたり、エージェントに介入してもらうことで面接を調整するまでのリードタイムの長さも気になっていました。候補者のことを考えると、このようなミスマッチや時間調整のリードタイムは極力減らすべきですよね。

――これらの課題を解決するために、井上さんはどのような決断をしたのでしょうか?

井上: VOYAGE GROUPでは、「人を軸にした事業開発会社」という想いから、 しっかりと候補者に向きあう“1to1”での採用を大切にしています 。また、人材紹介業におけるほぼすべての領域を経験した自分のスキルを直接活かした方が採用がうまくいくと考え、エージェント経由での採用は活用しつつも、ダイレクト・リクルーティングにシフトしていくことを決断しました。しかし、そのためには採用の工数削減が不可欠。そこで、 採用管理システムを導入し、業務の効率化を目指しました。

採用管理システムの導入で、採用課題の解決へ

この記事は株式会社ビズリーチの提供で掲載しています。
ログインするか、以下項目をご入力ください。

すでに会員の方はこちら

記事のつづきをご覧になるには以下項目をご入力ください

STEP

1

2

3

記事のつづきをご覧になるには以下項目をご入力ください

STEP

1

2

3

  • {{company.company_name}} {{company.address}}

STEP

1

2

3

同時に会員登録いただくと、使える「打ち手」が見つかるビジネスメディア「BizHint」編集部が厳選した経営や組織に関する最新ニュース、会員限定の記事やイベントのご案内が受け取れます。
ブックマークしました