Kakeai

Kakeai (カケアイ)は、本音を引き出し、1on1の属人化を防いで、組織に定着させるクラウドツールです

Kakeaiで出来ること

「トピック・期待する対応」の事前設定が、部下自身のストレスを減らしつつ、本音につながる

部下によるとても簡単な準備=トピックと上司に期待する対応(アドバイスが欲しい・一緒に考えてほしい・話を聞いてほしい・意見がききたい…)を選ぶだけで、 部下のストレスを減らしながらも、部下主体の1on1を生み出します


上司には事前にヒントを提供。見るだけで、1on1の質も効率も大きく高まる

「部下が話したいと考えているトピックと、自分が期待されている対応」を1on1の前に上司に表示します。

それだけでも随分と気が楽になり、対応の質も効率も向上しますが、 さらに上司にはカケアイがいくつかのヒントを提示します。「上司として、得意/苦手なテーマ」か、「何を意識したらよいか、という世界のマネジャーのTips」です。


専用ツールならでは、カレンダー連携、内蔵ビデオ通話、メモ一元管理、2人の間の約束事管理、などで、1on1の負担を大幅削減

・カレンダー連携

・内蔵ビデオ通話

・メモ一元管理

・2人の間の約束事管理

などなどの1on1専用ツールだからこそ備わる機能が、1on1で発生する負担を減らし、1on1の定着を支えます


部下の匿名性を担保しながら、上司の自律的な1on1スキルアップを促す、「すっきり度」「得意不得意テーマの可視化」

1on1終了後に部下が入力する、テーマごとの「すっきり度」をもとに、カケアイのアルゴリズムが上司に得意不得意をお知らせ自律的なスキルアップを促します

部下の誰がどのように「すっきり度」を入力したかについては、上司にもシステム管理者にも、誰にも一切わからない仕組みです


集計・可視化、他社比較、掲示板で、1on1の定着や推進もスムーズ。

社内全体や部門単位などでの1on1実施状況、満足度、トピックや上司に期待してる対応の傾向、得意・苦手なトピックや対応、部下の成長の実感などを各種グラフで可視化

また、1on1に関するお知らせのための掲示板など、推進のための機能も備わっています

Kakeai

社名 株式会社KAKEAI
本社所在地 〒107-0061 東京都港区北青山2-13-5 青山サンクレストビル8F
資本金
従業員数