生産性向上

<放置リスクに気づけていますか?>契約書管理のデジタル化の第一歩

「何も起きていない=大丈夫」ではない。契約書管理に潜むリスクとは
企業取引において未然にトラブルを防ぐ契約書は、会社を守るために重要な盾となりますが、管理を誤れば事業継続や社会的信頼の失墜に繋がる大きなリスクが潜んでいます。 しかし実際は「契約業務に時間が取られ、締結後は保管するだけ」「専門的な知識はなく業務の一部として管理を任されている」と、あまり重要視していないという方も多いのではないでしょうか? 本セミナーでは、契約書の放置が引き起こすリスクや機会損失について徹底解説します。「"正しく効率的に"会社を守るマネジメント体制」をどのように構築すべきか、その踏み出し方を2名の専門家から紐解きます。

ブックマークしました