生産性向上

AIテクノロジーで業務を革新!事業を加速させる契約業務のDX

いま見つめ直すべき「法務業務の真の役割」とはーー。 新たな事業や取引をいち早く進めたいと思う一方、契約締結で時間がかかってしまうというジレンマをどのように打開すれば良いのでしょうか。「元々デジタルは苦手だった」と語る担当者が、テクノロジーの力で契約審査業務の8割削減を実現し、事業の加速に貢献した実話から、経営に貢献できる法務部門のあり方を紐解きます。

00:12自己紹介
02:35法務のミッションを見つめ直す
05:00契約に潜むリスクとは
10:48契約審査業務における壁
12:14法務部に求められる役割の拡大
18:39LegalForce導入時の法務体制
28:50審査業務の時間削減で事業貢献へ
33:33経営の中の法務の役割
35:54まとめ

ブックマークしました