従業員の突然の退職。ご経験ありませんか?退職の予兆は「見える化」できます

SmartHR

概要

従業員の突然の退社や休職、経営者や人事担当者は経験があるのではないでしょうか。多くの従業員は、上司に相談しづらかったり、出世や評価を気にして、なかなかSOSを出してくれないまま、突然退職や休職をしてしまいます。

退社した従業に対して、欠勤や遅刻早退などの「見えるSOS」は、勤怠関係の情報を正しく管理することができます。しかし、目立たないミスや仕事へのやりがいの減退など、従業員の内心に発生している「見えないSOS」は把握しづらく、なかなか気づくことがでいません。会社と従業員が退職のSOSを出してくれる理想的な環境づくりをするには、どのような手段を取れば良いのでしょうか。

本資料では、従業員の「見えないSOS」を察知する従業員サーベイを用いた、従業員からのアラートを見逃さない体制づくりの方法をご紹介します。

資料を読むには以下項目をご入力ください

STEP

1

2

3

資料を読むには以下項目をご入力ください

STEP

1

2

3

  • {{company.company_name}} {{company.address}}

戻る

資料を読むには以下項目をご入力ください

STEP

1

2

3

同時に会員登録いただくと、クラウド活用と生産性向上の専門サイト「BizHint」編集部が厳選した経営や組織に関する最新ニュース、会員限定の記事やイベントのご案内が受け取れます。
株式会社SmartHRに情報が提供されることに同意して

概要

従業員の突然の退社や休職、経営者や人事担当者は経験があるのではないでしょうか。多くの従業員は、上司に相談しづらかったり、出世や評価を気にして、なかなかSOSを出してくれないまま、突然退職や休職をしてしまいます。

退社した従業に対して、欠勤や遅刻早退などの「見えるSOS」は、勤怠関係の情報を正しく管理することができます。しかし、目立たないミスや仕事へのやりがいの減退など、従業員の内心に発生している「見えないSOS」は把握しづらく、なかなか気づくことがでいません。会社と従業員が退職のSOSを出してくれる理想的な環境づくりをするには、どのような手段を取れば良いのでしょうか。

本資料では、従業員の「見えないSOS」を察知する従業員サーベイを用いた、従業員からのアラートを見逃さない体制づくりの方法をご紹介します。

ブックマークしました