離職の予兆は把握できる?組織課題の可視化とは

SmartHR

概要

従業員の突然の退職や休職。みなさんもご経験があるのではないでしょうか。従業員のなかには、上司に相談しづらかったり、出世や評価を気にしてなかなかSOSを出してくれず、突然離職をするケースも…。

欠勤や遅刻・早退などに現れる変化は、「見えるSOS」として勤怠関係の情報を正しく管理することで対処できます。しかし、目立たないミスが増えたり、仕事へのやりがいが減退するなど、従業員の内心に発生している「見えないSOS」はなかなか気づくことができません。従業員のSOSを捉え解決ができる環境づくりのためには、どのような手段を取れば良いのでしょうか。

本資料では、多くの従業員はSOSを発してくれないことを前提に、「離職の予兆を見える化」するための一つの方策をお伝えします。

すでに会員の方はこちらからログイン

  • メールアドレスでログイン
  • AppleIDでログイン
  • Facebookでログイン
  • Googleでログイン

資料を読むには以下項目をご入力ください

STEP

1

2

3

資料を読むには以下項目をご入力ください

STEP

1

2

3

  • {{company.company_name}} {{company.address}}

戻る

資料を読むには以下項目をご入力ください

STEP

1

2

3

同時に会員登録いただくと、クラウド活用と生産性向上の専門サイト「BizHint」編集部が厳選した経営や組織に関する最新ニュース、会員限定の記事やイベントのご案内が受け取れます。
株式会社SmartHRに情報が提供されることに同意して

概要

従業員の突然の退職や休職。みなさんもご経験があるのではないでしょうか。従業員のなかには、上司に相談しづらかったり、出世や評価を気にしてなかなかSOSを出してくれず、突然離職をするケースも…。

欠勤や遅刻・早退などに現れる変化は、「見えるSOS」として勤怠関係の情報を正しく管理することで対処できます。しかし、目立たないミスが増えたり、仕事へのやりがいが減退するなど、従業員の内心に発生している「見えないSOS」はなかなか気づくことができません。従業員のSOSを捉え解決ができる環境づくりのためには、どのような手段を取れば良いのでしょうか。

本資料では、多くの従業員はSOSを発してくれないことを前提に、「離職の予兆を見える化」するための一つの方策をお伝えします。

ブックマークしました