『OJT』の図解資料

ビズヒント

概要

「OJT(On-The-Job Training)」とは、実際の職務現場において、業務を通して上司や先輩社員が部下の指導を行う、主に新入社員育成のための教育訓練のことをいいます。

その歴史的背景を紐解いたうえで、現代社会における人材育成にこそ適した手法であるということについて、わかりやすく解説します。

目次

  1. OJTの意味とは?
  2. OJTの歴史的背景
  3. なぜ今OJTが必要なのか
  4. Off-JTとの併用について
  5. まとめ

資料を読むには以下項目をご入力ください

STEP

1

2

3

資料を読むには以下項目をご入力ください

STEP

1

2

3

  • {{company.company_name}} {{company.address}}

戻る

資料を読むには以下項目をご入力ください

STEP

1

2

3

同時に会員登録いただくと、クラウド活用と生産性向上の専門サイト「BizHint」編集部が厳選した経営や組織に関する最新ニュース、会員限定の記事やイベントのご案内が受け取れます。
ビジョナル・インキュベーション株式会社に情報が提供されることに同意して

概要

「OJT(On-The-Job Training)」とは、実際の職務現場において、業務を通して上司や先輩社員が部下の指導を行う、主に新入社員育成のための教育訓練のことをいいます。

その歴史的背景を紐解いたうえで、現代社会における人材育成にこそ適した手法であるということについて、わかりやすく解説します。

目次

  1. OJTの意味とは?
  2. OJTの歴史的背景
  3. なぜ今OJTが必要なのか
  4. Off-JTとの併用について
  5. まとめ
ブックマークしました