「内定バブル時代」に欲しい新卒を採用する方法

ビズリーチ・キャンパス

概要

市場調査*によると、2019年の卒学生においては、1人あたり2社以上の内定を得ているという結果に。将来、会社の中核を担うであろう新卒の採用は、ますます激化すると言えるでしょう。このような内定バブル時代で、どこよりも先に有望な人材を採用するにはどういった手段があるでしょうか。

本資料は、昨今の新卒市場の動向や課題などを調査資料とともにまとめております。

*データ出典元は、資料に記載

すでに会員の方はこちらからログイン

  • メールアドレスでログイン
  • AppleIDでログイン
  • Facebookでログイン
  • Googleでログイン

資料を読むには次の項目をご入力ください

STEP

1

2

3

4

資料を読むには次の項目をご入力ください

STEP

1

2

3

4

  • {{company.company_name}} {{company.address}}

戻る

資料を読むには次の項目をご入力ください

STEP

1

2

3

4

ご入力内容に虚偽や不正がある場合、ご利用を停止させていただく場合がありますのでご注意ください。
戻る

受け取るニュースレターを選択してください

STEP

1

2

3

4

以下のニュースレター(広告を含む)は自動で配信させていただいております。これはBizHintが主に広告収入で運営されているためです。登録後の解除は可能ですのでご安心ください。

株式会社ビズリーチに情報が提供されること、

概要

市場調査*によると、2019年の卒学生においては、1人あたり2社以上の内定を得ているという結果に。将来、会社の中核を担うであろう新卒の採用は、ますます激化すると言えるでしょう。このような内定バブル時代で、どこよりも先に有望な人材を採用するにはどういった手段があるでしょうか。

本資料は、昨今の新卒市場の動向や課題などを調査資料とともにまとめております。

*データ出典元は、資料に記載

ブックマークしました