健診結果などの要配慮個人情報の安全な受け渡し・保管体制はできていますか?

オンライン産業医/first call

概要

企業の義務である健康診断ですが、診断結果は「要配慮個人情報」に該当することをご存知ですか?診断結果は5年間保存の義務があり、万が一漏えいしてしまうと、場合によっては、罰金刑や懲役刑に課される可能性が。

昨今、テレワークを導入により、健康診断結果を郵送などでやり取りするケースが増加しています。しかし手作業による郵送はミスが起こる可能性があり、情報漏洩を防ぐためにも、企業はオンラインで健診結果を管理する必要があります。

本資料では、新しい働き方に対応した健康診断結果等のセンシティブ情報の安全な受け渡し・保管体制について紹介します。

資料を読むには以下項目をご入力ください

STEP

1

2

3

資料を読むには以下項目をご入力ください

STEP

1

2

3

  • {{company.company_name}} {{company.address}}

戻る

資料を読むには以下項目をご入力ください

STEP

1

2

3

同時に会員登録いただくと、クラウド活用と生産性向上の専門サイト「BizHint」編集部が厳選した経営や組織に関する最新ニュース、会員限定の記事やイベントのご案内が受け取れます。
株式会社Mediplat/メドピアグループに情報が提供されることに同意して

概要

企業の義務である健康診断ですが、診断結果は「要配慮個人情報」に該当することをご存知ですか?診断結果は5年間保存の義務があり、万が一漏えいしてしまうと、場合によっては、罰金刑や懲役刑に課される可能性が。

昨今、テレワークを導入により、健康診断結果を郵送などでやり取りするケースが増加しています。しかし手作業による郵送はミスが起こる可能性があり、情報漏洩を防ぐためにも、企業はオンラインで健診結果を管理する必要があります。

本資料では、新しい働き方に対応した健康診断結果等のセンシティブ情報の安全な受け渡し・保管体制について紹介します。

ブックマークしました